ファンキー末吉楽曲配信サイト 日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2018/05/28

Twitterアカウント移行

Twitterというものを初めて知ったのは、八王子にあった「Live Bar X.Y.Z.→A」という店でである。

常連客のひとりが
「末吉さんTwitterやってないんですか?」
と言うので
「何それ?」
というのがスタートだった。

「それだったら店のアカウントがいいんじゃないかな」
ということでlivebarxyzというアカウント名を申請してもらった。

それから店のスタッフやらみんながこのアカウントで呟いていたのだが、
それぞれがみんな自分のアカウントを持ってしまったので、
最後には私だけがこのアカウントで呟くようになっていた。

その後、「店の経営者」としてJASRACから訴えられることとなり、
その時には「livebarxyz(ファンキー末吉)」、
つまり「呟いているのは末吉ですよ」という意味でそのように注釈を入れていたのだが、
JASRACはそれを見つけて
「livebarxyz(ファンキー末吉)というのは末吉がこの店の経営者である証拠だ」
とか無茶苦茶な理論を裁判所に提出して来た。

「これは店のスタッフみんなで呟いてるアカウントですがな」
と最初の頃の他のスタッフの呟きを見つけて反論として提出したら、
「ライブ配信中止します〜皆さまどうもありがとう御座いました(DioKen)」
みたいなスタッフの呟きに
「もっとやれ〜わー!!(酔っ払い末吉)」
などと書き込んだのを見つけたJASRACは、「ほれ見たことか」と言わんばかりにこのように反撃して来る。

「このように、被告末吉はこのアカウントを使って従業員に業務命令を出しているのである」

まあこれが通ってしまった裁判もそうだが、
今となってはもう笑い話である・・・。

にも書いたが、私自身のブログも重箱の隅をほじくるようにして笑い話のような「証拠」を提出して来たが、
証拠として提出されるからブログを閉めてしまったなどというと(個人的な感情論として)それは「負け」なので、
このTwitterアカウントも、それから注釈を変更することなく今に至っていた。

今となっては店ももうなくなっているのに、店のアカウントを使い続けている状態ももう長く続いている・・・

「何とかしなくちゃなぁ・・・」
とは思ってましたので、ここで心機一転して自分用のアカウントを作りました。

年内ぐらいまでにはゆっくり移行して、このアカウントは閉めようと思います。
皆さま永らくどうもありがとう御座いました。

旧アカウント(https://twitter.com/livebarxyz
新アカウント(https://twitter.com/FunkySueyoshi)基本発信のみでフォローはしません<(_ _)>

同じカテゴリの記事