ファンキー末吉楽曲配信サイト 日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2016/05/12

中国で活動したい若い(おっさんも可)ドラマー求む!!(女子も可)

中国ロックの歴史も語り始めると長くなるが、
その中での一場面、北京で最初に出来た日本居酒屋の大将、田端さんには当時大変世話になった。

(ワシの著書「大陸ロック漂流記」に書かれているそれに関するページ)
IzakayaChoji.jpg

田端さんはその数年後に亡くなってしまい、
ひょんなことから田端さんに息子がいたことを知る。

しかもヘビーメタルなどを聞いたがばかりにグレて学校もやめて今だに金にもならないバンド活動なんかをやっている。

バンド名をNever Beforeと言う。
(サイトはこちら

ワシもこのライブを見に行った。
なかなかいいバンドである。

見ての通りドラマーはスウェーデン人の女性なのだが、
その後病気になってバンドを正式に脱退している。

ヘルプのドラマーを入れて全国ツアーなどを廻っていたが、
そのドラマーも来れなくなってこのイベントこのイベントではワシがドラムを叩いた。

もちろんギャラなんか出るわけはない。
「バンド貯金」なるものがあってその中から美味いもんとかビールをご馳走してくれた(笑)

まだまだペーペーのバンドである。
しかし考えてみたらヴァッケン・メタルバトルの中国大会の最終予選にまで毎回残ってたり、
サブステージとは言え中国最大のロックイベントに出演出来るなんてアンダーグラウンドバンドにしてはなかなかのもんではないか・・・

「まあヒマな時にはいつでもドラム叩いてやるよ」
とは言ってるのだが、
この仕事、やはり連休とか週末とかに集中するので、
今度のイベントもパールドラムのツアーが入っていて叩いてあげられない。

「まあ気長にドラマー探しますわ」
と言うので
「ほなブログで募集したろか?」
というわけでこんなブログをUPしているというわけだ。

さて、メンバーの中ではこのギターの田端翔くんが日本人ということで、
取り敢えずはすぐに中国語が喋れなくてもバンド活動は出来るという好条件!!

しかし「食ってゆく」のは並大抵のことではない。

「油そばの店を一軒立ち上げますからそこでバイト出来ます」
と言ってたが、いざこうしてブログを書き始めたらその話は潰れていた(笑)

タバタバーもまだ給料を払って従業員をというレベルではないだろうから、
バンドのメンバーみんなでお手伝いをしてタダ酒ぐらいは飲めるだろうが、
それだけで生活してゆくのは難しいだろう・・・

まあいいことばかりを並べていざ中国に行ったら「こんなはずじゃなかった」などとなってもいけないので辛めに書いておこう。

まずは「貧乏に強いこと」、これが絶対の条件です。

住む部屋も今の北京の物価を考えたらろくなところには住めないだろう。
でも食うものはまあ庶民が食ってるものはまだまだ安いし、
ビールも大瓶一本100円しないので最低の生活で死ぬことはない。

ビザは最近はキツくなってワシの持っているMビザというビザも3ヶ月に1回は国外に一度出国せねばならない。

まあ香港でもいいわけだから3ヶ月に1回鈍行で2日かけて貧乏旅行するのもいいだろう。
「バックパッカー」の才能も必要やな(笑)

さて肝心のドラムの方だが、
ワシも叩いてみて思ったのだが、結構難しい。

シャッフルの曲も多く、3連を叩いた事のないドラマーにはちと難しいかな・・・

メタルのゴリゴリのしか叩けないという人よりは、
いろんなジャンルを柔軟に叩いてゆける人の方がいいかも知れない・・・

まあとは言ってもスタジオミュージシャン的である必要は全くなく、
別にみんなでリハーサルで作り上げてゆくのだから個性のあるドラマーだったらそれでいいかなと思う。

とりあえずサイトに何曲かUPされているので聞いてみて、
「俺(私も可)にも出来そうかな」と思ったら自分の叩いている音源か何かを送ってもらえれば翔くんに転送します。

ワシ的には一番好きな曲はこれなのだが・・・

とサイトにUPされてない曲をUPするならアルバム全部UPしちゃれ!!
というわけでこちら!!
(注:中国からはVPNがないとDropboxにアクセス出来ません)

「いいじゃんこのバンド!!俺(私も可)やりたい!!」
と思った方はこちらにメール下さい。

まあ1年ぐらいは腰を落ち着けて貧乏に耐えてやっていける人じゃないと難しいかな・・・
おっさんでもいいけど家庭とか持ってたら1年ほったらかして遊んでるのも難しいでしょう・・・
オリジナルメンバーが女性ドラマーなので女性でもいいけどサバイバルが難しいかな・・・

まあ兎にも角にも中国語を勉強せんと生きてはいけんからな、
その辺も頑張らないかんな・・・

でもねえ、辛いことばっかり言ってるけど、
もし成功したらデカいよ!!

全曲英語で歌ってるから中国のヒットチャートに乗って流行歌のように大スターというのは無理やけど、
ロックバンドとしてひとつのステイタスを作ったらこの国はおそらく現在世界で一番ロックフェスの多い国やからね・・・

日本で才能を持て余してる若いドラマーよ!!
新天地で貧乏に耐えて1年頑張ってみないか!!

連絡を待つ・・・

同じカテゴリの記事