ファンキー末吉楽曲配信サイト 日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2012/09/30

中国Week今年も開催!!

毎年なんじゃかんじゃと理由をつけて中国人アーティストを呼んでは
「中華料理とロック」のイベントをやっておるのだが、
今年は老呉(LaoWu)が結婚したということで、奥さんと共に招聘した。

毎回やって来るデブのピアニスト張張(Zhang Zhang)
「僕も行く〜」
と言うので、
今回はふたりを日本のミュージシャンがセッションバンドを組んで迎え撃つ形式にしてみた。


11月 5日(月)中国Week初日:米菅ほーじん

Dr.菅沼孝三
Ba.江川ほーじん
Gt.Vo.米川英之


11月 6日(火)中国Week2日目:KAI MAD KENTARO

Vo.Dr.MAD大内(ex.アンセム)
Vo.Ba.甲斐"KAI"貴之(アースシェイカー)
Vo.Gt.KENTARO


11月 7日(水)中国Week3日目:にしわさ太田

Dr.太田明(ex.筋肉少女帯)
Ba.和佐田達彦(爆風スランプ、X.Y.Z.→A)
Vo.Gt.西野やすし


11月 8日(木)中国Week最終日:岡崎トリオスペシャル

Dr.ファンキー末吉
Ba.石川俊介(聖飢魔II)
Vo.Gt.岡崎猛

チャージ:いずれも3000円(お好きな中華料理2品付き)


張張(Zhang Zhang)が、
「またたくさんの優秀なミュージシャンとセッションして揉まれたい」
と言うのでいっぱい声かけたけどやり過ぎか?・・・(笑)

特に初日の「米菅ほーじん」はキツいな・・・
こーぞーさんのポリリズムに太刀打ち出来るやろか・・・(心配)

まあ他の日はそれぞれ張張(Zhang Zhang)が共演したことのある人を招いているので安心じゃが・・・

初日のKenataroは彼が最初に来日した時に福生チキンシャックでセッションしておる。

2日目の西野さんはその後のツアーで初対面で譜面を渡され、
「僕こんなの弾けません・・・」
ベソをかいたことがある。

その後、帰国して彼は頑張って譜面を克服し、
今では若手ナンバーワンのプレイヤーとして活躍している。

最終日はワシがおるから安心じゃが、
今回の初対面のミュージシャン達は皆かなり手強いぞ!!

老呉(LaoWu)はまあ自分の曲を歌うんじゃからよかろう。
この一流のプレイヤー達はどんな曲でも譜面を見てその場で弾きこなせる。

素晴らしい日本のミュージシャン達と中国の若い衆のセッション、
今から非常に楽しみである・・・

心配は日中関係がこのまま更に悪化してビザが下りなくなることであるが・・・
ま、日本の政治家も中国の政治家もそこまでバカじゃないだろうから大丈夫じゃろう・・・

同じカテゴリの記事