ファンキー末吉楽曲配信サイト

2011/11/27

Wyn Davis来たりてスタジオきれいになる(笑)

Wyn Davisが来日した。

彼に来日してもらうか、ワシがLAに行くかに関してはいろいろ意見が分かれた。
当初は
「二井原ぁ〜一緒にアメリカ行こや〜」
と甘えてみたりして、
「よかったら君んちの家族も連れてや〜」
とか言ってみたりして、
結局ラウドネスのツアーが入って行くことが出来んかった。

そうなるとワシひとりで行くんか?・・・

英語を喋ろうとすると中国語が出てしまうワシにとって、
ひとりでアメリカに行くのは非常に苦痛である。

「恵理ぃ!!お前も学校休んで一緒に行け!!」
と高校一年生の娘を脅したりもしてみたが、
蓋を開けてみたらどうやらWynもこれまで行ったことのない日本へ行くことには興味があるらしい・・・

ちなみにWynを呼ぼうと思ったら(200kgクラスの巨漢ゆえ)飛行機の座席が2席必要である。

過去2回北京に呼んだが、
ビジネスクラス1席かエコノミー2席か、
それやったらと2回目は母親を連れて来て、
Wynは1.5席、母親は0.5席みたいな感じで一緒に来たということがあり、
今では「来るなら2席、でも誰を連れて来てもかまわん」という感じになっている。

下手な英語でメールを書いた。
「よかったらまたお母さんか奥さんか連れて来たら?」

ちなみにメリット、デメリットで考えてみよう。

まあワシが恵理を連れてゆくのもLAからふたり来るのも飛行機代は同じ。
うちの家に泊まればホテル代の分だけ浮く。

何よりもこっちに来てくれれば二井原実という強力な英語通訳が隣に住んでおる!!

デメリットとしては、
LAの彼のスタジオでやった方が器材がいいので音がいい。
しかしワシの英語力ではコミュニケイションが取り切れないので思いのたけを伝え切れない。

うちでやれば器材は少々落ちるが、
彼が所望するものを買い揃えてスタジオを彼仕様にすることによって、
うちのスタジオの音がこの瞬間から更にグレードアップする。

ワシがLAに行けば、彼や奥さんに会えてワシはHappyである。
彼が日本に来れば彼は更にワシの嫁や二井原に会えてもっとHappyである。
更に母か嫁も来たことのない日本に来れたらもっともっとHappyである。

まあHappyで考えれば彼が来た方がHappyなのぢゃよ!!(笑)

というわけで
「ギャラはあんたが食べたことない絶品の日本料理!!」
というわけで(というのは誇張であるが)、
あのLAメタルの重鎮、Wyn Davisが爆風トリビュートのミックスをしてくれることになった!!

夕べ26日に来日、
店で「長崎皿うどん」を食って「こんなの食ったことない!!」と感激しつつ、
今日は朝からファンキースタジオをメンテ。

いやースタジオ作って3年・・・掃除したことないからむっちゃ汚なかったな・・・
キレイになりました・・・(笑)

それにしてもびっくりしたのは、
いきなりホワイトノイズ(全周波数の音が含まれるノイズ音)を出して、
おもむろにiPhoneを取り出して周波数特製をチェックしてたことやな。

FunkyStudioCaribrationCheck.JPG

それぞれの部屋によって周波数特性が違うから、
まあ言ってみれば低音が響く部屋でミックスしたらつい低音を下げてしまうので、
普通の部屋で聞いたら低音が物足りなくなるとか・・・

それにしてもその難しい作業を今ではiPhoneのアプリで出来るのな(驚)

というわけでケーブルも全て組み替えて、
アメリカからSSLのコンプレッサーも買って来てくれて、
(これが日本では40万以上、アメリカでは2000ドル)
ファンキースタジオは今日から1週間ミックスマスタリング専用のスタジオとなります。

Wyn Davisさん、短い間ですがよろしくお願い致します!!

WynDavisInFunkyStudioHachioji.jpg

それにしてもうちのスタジオってこんなに狭かったっけ・・・
まあ遠近法の問題もあるわな・・・うんうん・・・

同じカテゴリの記事