ファンキー末吉楽曲配信サイト

2010/02/20

爆風銃ミーティング

いやー飲んだ飲んだ・・・

通常ミーティングというと都心までは車で行ってさっさと帰るのじゃが、
「こりゃ飲みになるな」と思ったので電車で行った。

何のミーティングかと言うと、
「爆風銃トリビュートアルバムを作ろう」
というミーティングなのじゃが、
通常トリビュートというと御本家を崇拝する人達が集まって作るものじゃが、
ここでどうして御本家のメンバーが呼び出されて集まっているのかがよくわからない。

まあよくわからないのに集まってるんだからミーティングもへったくれもない。
「じゃあうちのスタジオで3月にでも」
とか
「お前と踊りたいはメンバー紹介が入るからなあ・・・ライブで録ろう!!
じゃあ4月9日、Live Bar X.Y.Z.→Aでライブレコーディング」
とかでもう話は終わってしまっている。

後は「飲み」である。

BopGunMeeting.JPG

いやーミーティングの時から昔話しかしてないんだから
飲んだら長い長い。

マーシーがどうやって知り合ったんだっけ?
から始まって、
サンプラザ中野の命名は爆風銃の打ち上げの時だったとか、
30年近くたったら覚えてないことが多い!!

かんじさんに
「末吉がサラ金行くのに学生証貸した」
という不可解な記憶を辿ってゆくと、
「学生証貸した」のではなく、
「かんじさんが借りて来て俺に貸してね」
ということだったりした。

どっちにしてもあかんやん!!

ワシの記憶の中では
「ワシがサラ金地獄に陥った原因は、
かんじさんが学生ローンをワシに紹介したのがきっかけだった」
と思っていたが、
どうもこれはワシが「記憶をねつ造した」ということらしい。

そう、昔のことはよく覚えてない。
だからこうやって集まってバカやって騒げるのだ。

しかもどうもイヤなことから忘れていってしまうらしい。
だから人間は生きていけるのだ。

若さと才能がぶつかりあって、
誰にもマネ出来ない凄いサウンドとひきかえに、
仲違いをして解散して行ったメンバー達が、
30年もたてばもうぶつかり合う部分すら見つからない。

その後爆風スランプでスターダムの世界の中でもっとぶつかりあって、
復旧不可能だとばかり思っていたワシとほーじんが、
こうして膝を突き合わせて酒を飲んでいる(彼は下戸だが)のが不思議であって、
逆にまた全然不思議でないから不思議である。

結局ほーじんの車で送ってもらって仮谷亭で飲んでるんだから、
昔のワシらを知ってる人達からしたら信じられない話である。

結局半日を費やしてまだ概要しか決まってないが、
とりあえず3月ぐらいから爆風銃のトリビュートアルバムを作って、
4月9日(金)には今度はホッピー神山も呼んで店でライブやって、
あわよくばそこでもライブテイクを録ってしまおうということらしい。

それまでにまた何回熾烈な(?)ミーティングを行わねばならないのか・・・
10年振りにホッピーも加わったらまた大変なことになるじゃろう・・・

同じカテゴリの記事