ファンキー末吉楽曲配信サイト

2009/10/09

総動員でホルモン

京都への移動を前にして今日はひさびさのOFF。

睡眠時間は足りているはずなのに朝から眠たくて仕方がない。
これは
「起きたくない」すなわち「休みたい」
と身体が言っているのではないかたばかりごろごろしていたら、
台風で午前中休校となった子供達に
「まだ寝てるのかよ」
とばんばん蹴飛ばされる始末。

それでも寝てるんだからやはり疲れているのだろう。
嫁と車を飛ばして「つるつる温泉」に行って来た。

帰りには晩飯の相談である。
「パパぁ・・・久しぶりにホルモンが食べたいわぁ・・・」

嫁は久しぶりだがワシは毎日食っている!!

よし!!とばかりに界隈のホルモン屋をリストアップする。
ライブ終了後に開いてる店は少ないが、
この時間ならいくらでも選択肢がある。

「肉」という点で考えると、
界隈では「関根精肉店」の朝挽きホルモンが絶品である。
チェーン店もいろいろあり、結局「塩ホルモン鍋」がおいしい「塚田農場」に決定!!
ここならホルモンより鶏肉好きである息子も宮崎地鶏で満足であろう。

しかし嫁もビールが飲みたいとなると、
はてさて車をどうしたものか・・・

繁華街からうちまで代行を頼むとだいたい2500円ぐらい。
駐車場がだいたい1000円ちょいというところか・・・

バスで行って家族全員で1050円。
帰りはバスで大所帯は辛いのでタクシーで2000円ちょい・・・

結局交通費で3000円以上かかってしまうのね・・・

そこで考えた!
隣の仮谷家も誘って、ご馳走してあげるから車を運転してもらう・・・
酒を飲めない旦那に臨月の嫁、そして小学1年生の子供をご馳走する方が交通費より安いぞ・・・

ワシの思考回路など熟知してきっている仮谷くん、
喜んで承諾してくれた。

かくして出発!となった時、
仮谷家の息子と遊んでいた二井原家の娘が
「じゃあ私は誰と遊べばいいの!!」
とおかんむり。

「じゃあ一緒に行っていいかお父さんに聞いて来なさい」

ご近所に聞こえるぐらい絶叫しながら「お歌の練習」をしているパパにお伺いをたてる。
「すまんのう・・・ほなお願いするわ」

かくして末吉家と仮谷家と二井原家の一部が車に乗り込み、
塚田農場」に乗り付けた。

宮崎地鶏と塩ホルモン鍋を中心に、
「おつまみホルモン」「酢もつ」などホルモンのオンパレード。

「こんなに食べられなーい」は二井原娘の口癖だが、
まず娘の胃袋を拡大し、二井原家の食卓の料理の量の絶対数を増加させ、
ひいては二井原実を見事リバウンドさせ、
ワシや和佐田の世界に引きずり込む絶好のチャンス!!

それにしてもファンキー村・・・子供が多い・・・
うちと仮谷夫妻・・・大人は4人しかいないのに、
子供はお腹の中の子供も入れれば6人・・・
二井原家の息子は来ていなくてもこれだけが座敷を所狭しとばかり走り回っている・・・

もう大移動にも疲れたので近所にホルモン屋でも開くか・・・

同じカテゴリの記事