ファンキー末吉楽曲配信サイト

2009/09/03

80万のSTUDERの卓

中国はバブルなので金持ちがうじゃうじゃしてるのか、
いきなりメールが来て、
「今Yahooオークションに出ているSTUDERの卓を競り落としてくれ」
と言う。

「お前がそんなの競り落としてどうすんの?」
と聞くと、
「あれ?言ってなかったけ?俺は北京に今度10個のスタジオをオープンさせるんだ」

何をやってそんなに金があるのかわからんが、
確かに昔は数千万したSTUDERの卓が80万とは安い!!

ところがワシはYahooオークションのIDを持ってないので競り落とすにもオークションに参加出来ない。
何よりも京都のスタジオだと言うからひょっとしたら知り合いかも知れない。
「連絡先が分かれば直接連絡とって交渉してやるよ」
と言うが、競り落とさないと連絡先も分からないのでその時は流れてしまった。

数日たってまたメールが来る。
「あの卓がまたオークションに出たから競り落としてくれ」
お前なあ・・・俺はそれに付き合ってるヒマはないの!!
北京で誰かID持ってる日本人探してそれに競り落としてもらえ!!
金振り込むぐらいだったらやってやる!!

と無下にあしらっていたのじゃが、
本当にID持っている日本人を探し当てて競り落としてしまった。

「ちょっとそこ行って取って来てくれないか」
軽く言うが、この人は京都と東京がどれだけ離れているかわかってない。
それにそもそもこんな巨大な卓をどうやって北京まで運ぶんじゃ?!!

「大丈夫、3つに分割出来るからそのまま北京に送ってもらえば」

税関は?手続きは?・・・
とりあえずワシはもう成田で、今から北京に行かねばならないので、
着いてからまた話をしようと言うと、
「連絡先わかったから連絡だけとってくれないか」
というので、しゃーないから電話した。

「はじめまして、STUDERの卓の件で・・・」
と喋り始めたらすぐに、
「その声は・・・ひょっとしてFunkyさん?・・・」

なんとそのスタジオは知り合いのスタジオだった。
X.Y.Z.→Aのライブ録音もしてもらったことがあるではないか!!

「とりあえず今は成田で今から飛行機乗るので、
詳しいことは着いてからメールでやりとりしましょう」
と言い残して飛行機に乗った。

北京に着いたらメールが来ていた。
「これもご縁ですねえ・・・
オークションに出したらひとつだけ連絡が来て、
一応それが競り落としたことにはなってるんですけど、
それから何の連絡もないし、恐らく悪質ないたずらでしょう。
4日まで待ってリミットが切れたらFunkyさんにお譲りしますから」

それ・・・同じ人間なんですけど・・・

買い手に連絡とってぶーぶー言う。
「とりあえず、その競り落とした日本人に連絡させろ!!
事情を説明してその後はFunkyがやるからと言えばそれでいい!!」

やりたくないが双方の知り合いとなればやってやるしかない。
「とにかく知り合いの貿易会社を探せ!!
その会社まで納めるまでだったらやってやる!!」

めんどくさいことがまた増えてしまった。
今からストリングスの譜面とデータを持ってスタジオに行く。

同じカテゴリの記事