ファンキー末吉楽曲配信サイト

2008/07/23

爆音のリハーサル

今日から二井原実ソロライブのリハーサル。

0722Rh.jpg

横関くんもマーくんも一緒に音を出すのは初めて。
それにしても音がでかい!!
横関くんが音を出した瞬間に、
「す、すまん・・・ちょっとアンプの角度向こうに向けてくれんか・・・」
と言ってしまった。
通常なら「こっち向けてくれ」と言うぐらいなのに・・・

また貸しスタジオのドラムなので音が鳴らんのよ・・・
マーくんがまた爆音で弾くのでバスドラなんか自分で全然聞こえん。
「すんまへん・・・ちょっと音下げまへんか・・・」
ポリシーを曲げてまでそう頼んでしまった。

それぞれアンプのボリュームに手をやるふたりのプレイヤー、
しかし実際にはちょっと触っただけで決して音を下げてはいないのをワシは見逃さなかった。

ええのよ、ええのよ・・・
ワシかてそう言われたら下げるマネしかせんもんね・・・

リハなのに死ぬ気で叩く!!


それにしてもこんなでかい音でリハーサルするのは初めてである。
そしてまた上手い!!

なんでこんな難しい曲すらすら弾けるの?・・・

高崎晃を始めとし、
山本恭司や橘高文彦等、日本を代表するギタープレイヤーと一緒に演ったことがあるが、
これだけ数多くのミュージシャンとセッションしてるワシが、
まだまだ日本には一緒にやったことのない凄いミュージシャンがおるんやのうと感心した。

またマーくんのベースがよい。
ピックで8ビートを弾かせたら右に出るもんはおらんのとちゃうかのう・・・
そう言えば44マグナムのトリビュートで録音したベースの音聞いてぶったまげたのう・・・


面白いことに今回は、
ラウドネスの楽器陣の方がひとりいるので、
「これどない処理してんの?」
と聞けるからよい。

前回なんか「ほな高崎に電話して聞こうや」とまで言うてたもんなあ・・・

「ああこれ、ライブでは無視してた」
とかご本人に言われたら今回非常に安心して変更出来る。

ホンモノ交えてコピーバンドするって楽しいなあ・・・

それにしてもLOUDNESSって曲多い・・・
前回でほとんどコピーしたと思ったら、
まだまだこんなに知らない曲あるのね・・・

またリハの進み具合早いし・・・

今日は寝ずに残りの曲コピーするの巻・・・

同じカテゴリの記事