ファンキー末吉楽曲配信サイト

2002/01/17

キャバクラは楽し・・・

キャバクラは楽し・・・

日本に帰ってXYZの3rdアルバムをレコーディングしていた。
いやー今度のはすんごいのになりそうじゃ・・・
ある曲などをとれば「こりゃすんごいPOPなアルバムやで」と思うし、
ある曲などは「コミックソングやね・・・」二井原のアホ炸裂である。

相変わらず橘高の曲では2バスで足が釣り、
よせばいいのにまた自分でも早い2バス曲書いて、
「ライブで叩けるんやろか・・・」と自分の首を締める。

「そうそう、人間いつポックリ逝くやらわからんからね、
毎日を悔いなく生きていかなアカンよ」
そう自分で自分に言い訳して、
一度行って見たかった近所のキャバクラについに足を運ぶことにした。

キャバクラとは、名前は淫靡だがその実、極めて健全な、
「お触り」も「持ち帰り」もNGの単なる女の子とお話するだけのスナックである。
北京のカラオケの方がよほどアブナイ・・・

ドラム部屋の主、南波を誘う。
「末吉さん・・・僕、勤めてた牛タン屋が狂牛病の煽りを受けて潰れちゃったんで・・・
いわゆる無職なんで金がないんですぅ・・・」
「そうか、そんなら明日から
XYZのレコーディングするために必要なコンピュータを自作しろ。
安く出来たらその差額を工賃としてやろう」
今日び、プロトゥールスが動く高スペックのパソコンが6万円で自作出来るのだ。
これで俺は北京と東京に互換性を持つシステムを確立出来る。

「末吉さん・・・やっと出来ました・・・」
朝から続けて夕方頃やっとパソコンが完成した。
心なしか南波の腰が落ち着かない。
「よし!じゃあ繰り出すかぁ!」
ドラム部屋から歩いて20秒。
こんなところにキャバクラを作られたのでは迷惑な話である・・・

「この店のシステムはどんななんですか?」
金のない南波はチェックに余念がない。
「40分までなら飲み放題で4000円です」
ほう・・・飲み放題ねぇ・・・
末吉と南波に飲み放題は冒険じゃろう・・・

女の子がつく。
「お仕事とか何やってるんですか?」
お決まりのこの会話が嫌いで、
女の子のつく店と散髪屋には行きたくなかった俺である。
どうも何か自分のこの仕事を餌にモテようとか、
それが何かコソクに思えて、
また芸能人として扱われるのも嫌いでどうしても抵抗があったのだが、
最近はそれなしで若い娘に喜んでもらえる会話も出来るわけはない
と言う現実もよくわかった。
昔、某有名ギタリストに
「Oさん、ファンに手ぇ出すのはいくらなんでも御法度でしょう・・・」
と咎めたら
「末吉ぃ、ワシらみたいのが女にモテようと思ったらそれ以外に何がある!」
と反撃されたことがある。
いいのよ、いいのよ。
俺は20数年ストイックに生きて、
昔は付き合う女性まで爆風を知らない娘しか選ばなかった。
今こそ自分を解き放って真っ先に身分を明かすのじゃ。
それでもうモテモテ(死語)じゃぁ!

「爆風スランプのドラマーです!」
胸を張って言ったこの言葉・・・
なかなか緊張する・・・
「そうですか・・・大変ですねえ・・・」
意外にも普通にあしらう女の子に南波が質問する。
「お姉さん、爆風スランプって何なのか知ってる?」
早い話、今日びの若い娘は爆風スランプなど知らないのである。
ラルク・アン・シェルだとでも言えばよかった・・・

隣の女の子がそっと耳打ちし、
「そう言えば私のお母さんが大好きでした」
などとわけのわからないフォローを入れながら酒を注ぐ。
いいのよ、いいのよ。
飲みに来たんだから飲み放題で元取れればそれでいいのっ!

いきなりペースが上がる俺。
財布を心配する南波。
それでもこのつわもの達は、
40分もたたないうちにふたりですでにボトル1本は空けている。
すでにベロンベロンである。

「延長なさいますか?」
店長が聞きに来る。
「ファンキーさんとは一度面識があるんですよ」
いきなりキャバクラの店長に言われてもなあ・・・
「私、昔蒲田でJazzクラブやってたんです。
一度Jazzバンドで出ていただいて・・・」
「ああ、あの時の!・・・」
昔話で花が咲き、いつの間にやら延長する俺・・・

ついた女の子のひとりが地元の人間で、
共通の友人がいたことが発覚!
さらに場は盛り上がるが、
残念ながらその娘はすぐに別のテーブルへ・・・
「ちょっとぉ!店長さん、話の途中だよ。そりゃないんじゃないのぉ?」
「じゃあ指名なさいますか?」
そして指名料まで取られてしまう俺。
「お時間ですが、もう1回延長なさいますか?」
更にもう一度延長してしまう俺・・・

「3万4千円になります」
ニコニコと伝票を持って来る店長。
青ざめる南波。
「ま、楽しかったからいいじゃん。またパソコン作ればぁ」
慰める俺・・・


かくして翌日からXYZのレコーディングが始まった。
話題はキャバクラの話題ばかりである。
二日酔いのまままったりとドラムを叩いてたら携帯にメールが入った。
「キャバクラ嬢からメールが来たぁ!」
スタジオ中大騒ぎである。
いきなりテンポの速い曲を叩き始める俺・・・
「それって営業メールって言うんですよ・・・」
冷ややかな橘高・・・

こうしてドラム録りは無事終わり、
最終日にはまたキャバクラに行ってしまった俺である。
金がないと言いながらまたついて来る南波・・・
「女の子の盛り上げ方がなってない!」
とダメ出しをするラジオディレクター・・・
男はみんなアホばっかである。


そして今は北京。
キャバクラ嬢からのメールはまだ届く・・・

うん、メールだけならタダである。
しばらく日本に帰るのはやめとこう・・・


ファンキー末吉

同じカテゴリの記事