ファンキー末吉楽曲配信サイト

1999/10/05

台湾大地震の話を受けて(第5号)

500で初めたこのメールマガジンだが、
5回目にしていつのまにやら購読者数が1500にもなっている。
う・・・凄い。
これってもっと責任持って発信せなアカン立場っつうこと?
うーむ・・・・
ま、ええか。


さて今日のお題。

台湾中部大地震について。
----------------------------------------------------------------------

読者である「そうだゆうこ」さんからMailが来た。

> マグマグ
> の中に、台湾地震の募金のお知らせが、入っていましたが、赤十字社
> に送っても、まだ今は直接台湾に届かないそうです。
>
> ファンキーさんももうご存知でしたか?
> 私は、今さっき知りました。だから、ローソンの募金も駄目なんだそうです。なぜな
> ら、そのお金は、中国大陸に行ってしまうから。
>
> それに、この場におよんで大陸政府は、結構汚い手を使っているようです。ロシアが
> 救助の医者や、物資を届ける為に通ろうとした事を許さなかったり、そのため医者が
> 台湾に来れなくなったり・・・
>
> 台湾は、今年大陸で水害が起こった時、何千万ドルもの支援をしたのに
> 今回大陸が、支援したのは10万ドルだったそうです。それも初めは条件付きで、
> 「台湾はこれを中国の一部として受け取らなければいけない」とか・・・・まあ別ルー
> トで条件無しの支援金は、届いたらしいですが、
> だから、台湾は、その後に大陸からの他の支援を断ったらしいです、それには色々な
> 事情があったからなのです。
> 私としても台湾と大陸に仲良くなってもらいたいと思うけど,今回は、この場におよ
> んでそういう事をする大陸政府に腹が立ちました。
>
> 何処の国の政府も同じかもしれないけど・・・・
>
> 久しぶりなのに固い文ですみません。
>

ちなみに彼女は中国語がぺらぺら。
今年のクラリオン・ガールの全国オーディションで最終選考まで残り、
優勝は惜しくも逃したものの、特別賞を受賞した美人!
(美人かどうかは関係ないじゃろ!)

うーむ・・・

かいつまんで中国と台湾の歴史を言うと、
むかし国民党っつう社長が中国を経営してたところ、
ある日クーデターが起こり、
共産党っつう社長の会社になってしまった。
会社を追われた旧社長とその一派は、
台湾にて旧屋号である「中華民国」を名乗るが、
新屋号である「中華人民共和国」はそれをよしとしない。
新会社としては、自分の会社の一部である台湾を、
旧社長が無理矢理乗っ取っていると主張し、
旧社長としては、
自分たちの会社を新社長達が乗っ取ったと主張している。

うーむ・・・

また話がややこしくなるのが、
国連と言う、言わば公正取引委員会みたいな団体が、
「新社長の会社がいわゆる中国と認める」
としたもんだから旧社長は立場がない。
ところがアメリカと言う大会社が今度は旧社長の会社に肩入れし、
今度は会社としては小さいはずの旧社長の会社が、
売上等ではるかに新社長の会社を抜いてしまった。
そりゃもう世間の人としてみたらその旧社長の会社も無視出来ない。
まあ、新社長の会社ともお付き合いしたいし、
旧社長の会社ともお付き合いしたいと言うところか・・・

またここの社員たちときたら世界でも有数の「利に聡い」民族なので、
そんな会社レベルの確執などものともせずに、
社員間の交流はますます活発になって来ている。
そこに暗躍するのが新社長の関連会社で、
先ごろ新社長一派に吸収合併された香港。
社長同士がいくら、「あの会社の連中とは付き合うな」と言ったところで無駄と言うもんである。
香港をクッションにそれはそれは多大なる交流が行われているのが現状と言うもの。

そんな中で今日、チャンネルVと言うアジア最大の衛星放送MTV番組を見てたら、
もういち早く台湾中部大地震に対する、
香港のスター達版「We are the world」が流れていた。
まさに香港の大スター勢ぞろいである。

ところが日本の芸能界がお隣の国に対してこれをやるかと言うと、
残念なところそうでもない。
でもこれはしゃあない。香港芸能界と違って台湾と縁がそれほど多くはないからね。
かく言う俺も、トルコ大地震の時は何もアクションを起こさんかった。
親戚も友人もおらんのやから・・・と言うのもあまりに悪いが・・・
すまんかった!

まあ台湾にも親戚はおらんが、
考えてみれば、お世話になっているドラムメーカー、
パール楽器の工場が台中にあるではないか。
聞けば従業員も400人とかいて、
世界に輸出するパールドラムの90%はここから配送されていると言う。
もしここが壊滅すれば、
世界中のパールドラマーは音楽活動に貧することになるだろう。
よし! 世界中(特にアジア)のパールドラマーを集めて何かやるぞ!
と拳を振り上げパールに電話をしたところ、
「すみません、うちの工場ほとんど無傷で、
従業員もみんな無事に出社してます」
とのこと。
いやいや「すみません」には及びません!
無事なのが何よりですから・・・

まあ振り上げた拳を振り下ろす場所もなく、
日々の雑務に追われていたら、
知り合いのロックレコードの人間から、
「チャリティーコンサートやろう!」
と持ちかけられた。
前回のMailで10月14日と書いたが、
いろいろあって10月13日に決定した。

場所は新宿厚生年金会館。
18時会場18時半開演。
出場者は
ビビアン・スー、
太陽とシスコムーンのRURUちゃんを始めとして、
五星旗(Five Star Flag)、
a-min
・・・・とこれは日本にいる中国系アーティスト(俺はいったい何や!)勢ぞろい!
残念ながらジューディー・オングさんは欠席となったらしいが、
その太陽とシスコムーンのメンバーもかけつけると言うし、
西城秀樹さんや、シャズナにも打診中と言うことらしい。

(お問い合わせ)
株式会社 中華藝能
〒150-0011 東京都渋谷区東2-29-6 北岡ビル302
Tel.03-5467-8308 Fax.03-5467-8321
http://www.chugei.com/

なにせ急遽のチャリティーなので詳細はまだまだ未定である。
また続報はお伝えするものの、
とりあえずはこのぐらいしか私に出来ることはなさそうだと言うのが現状である。


本当は今の時期、上海のJazzフェスに出演している予定であったが、
それが突然延期になり、
仕方ないからWeiWeiを送り込んだギリシャパルテノン神殿跡や
エジプトのピラミッド跡で開かれる中国人最大のイベントにでも顔を出そうと思ったら、
案の定WeiWeiはまだ日本でおるやないかい!
テレビ中継のための機材トラブルのため中止(もしくは延期?)になったと言う。
なんじゃ、そりゃ!

しゃあないから台湾にでも行ってボランティアでもするか。
と思ってたら、
またミーティングと称した長ーい飲み会の中で、
「XYZのファンクラブ立ち上げよか」
と言うことになり、
急遽先日の札幌と仙台でチラシを撒き、
ホームページ(www.micras.ne.jp/funky/XYZ/FunClub.html)でもUPしたら、
いきなりドドーンとMailが来てしまい、
よう考えたらシステムも担当者も何も決まってないので、
仕方がないから全部自分でやらねばならない。
ボランティアに行く前にボランティアに来て欲しいわい!

同じカテゴリの記事