ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
楽日終了!!
男子楽屋
アウェーインザライフ大阪公演開始!!
アウェーインザライフ東京千秋楽を終えて
中野がゲストって・・・
あと5本で東京終わり!!(寂)!!
祝!!脱糞!!!
「上火」とは?
上火的薬!!
昼夜2本はちと凄いわ・・・
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2010年6月25日

楽日終了!!

さようならシスターロメロ!!
あなた達のことは忘れません!!

SisterRomelo.jpg

Posted by ファンキー末吉 at:21:43 | 固定リンク

2010年6月24日

男子楽屋

今回はバンド楽屋と役者さん(男性)の楽屋が同じであった。
大舞台でピリピリしているのかと思ったらさもあらず、
非常にまったりとした様子なのです。

DanshiGakuya1.JPG

流行っているのは将棋!!
小林顕作が1年前に始めてハマってしまったということで、
とりあえず全ての人間を巻き込んで勝負を始める。

腕のほどもなかなかのもので、
現状で全ての挑戦者は彼の腕にかなわない。

ワシは何とか1勝を上げることが出来、
現在のところ1勝2敗である。

DanshiGakuya2.JPG

日本の将棋は中国のとは全然違うので、
蚊帳の外の張張はもっぱらゲーム。
時にはネットで中国の彼女(浜崎あゆみ似)とテレビ電話してる。

そして男子ばかりで飲みに行くとだいだいは下ネタ。
(これは屍忌蛇が悪いのじゃが・・・)
飲み足りない場合は伊藤明賢さんの部屋に集まって部屋飲み。

DanshiHeyanomi.JPG

ここでもだいたいは下ネタである。
(全ては屍忌蛇が悪い・・・)

まあバンドのツアーも似たようなもんである。
今日2本、明日1本で終わり!!

寂しいのう・・・

Posted by ファンキー末吉 at:10:31 | 固定リンク

2010年6月23日

アウェーインザライフ大阪公演開始!!

大阪は昨日入りだった。

前回のように間違えて別の路線に乗ることもなく、
ちゃんと横浜線に乗って、カラムーチョと氷結で一杯!!

YokahamasenDrinking.jpg

飛行機だ新幹線だに乗る時は飲んで熟睡する規則なので、
とりあえず新横浜でもシューマイと缶チューハイ!!

そんなこんなで会場に着いたら身体が重い!!
同じテンポの曲でもクリックが早く感じる・・・

この日は早く終わったので、
役者さん一行と共にソニンちゃん仕切りで鶴橋に飲みに行き、
その後はスタッフと合流!!
最後のオカマバーまで行ったらさすがに二日酔い!!

今日は昨日よりさらに身体が重かったのであった・・・

昼から通し稽古。
小屋も変わったしそれによってセリフもちょっと変わったり、
何よりも身体を毎日やってたあの頃に戻さなければならない。

泣いても笑ってもあと4本でこの舞台は終わってしまう。
ワシのあのセリフもあと4回言ったらもう一生言うことはないのだ・・・

今日もやるどー!!

Posted by ファンキー末吉 at:12:31 | 固定リンク

2010年6月19日

アウェーインザライフ東京千秋楽を終えて

楽屋を片付ける。

毎日同じ楽屋にいるので私物でいっぱいである。
段ボールが置かれていて、
「大阪に運ぶ私物はこれに入れておいて下さい」
とある。

いろんなガラクタを詰め込みながらちょっと寂しくなる。
18本もやった東京の舞台公演は本当に終わってしまったのだ。

あと大阪の4本で本当にこの舞台は全部終わってしまう。
この素敵な仲間とこの素晴らしい舞台を一緒にやることはもうなくなるのだ。

バンドのツアーの場合、
ツアーが終わってもまた次のツアーでは同じメンバーが同じスタッフとまた廻る。

でも舞台の場合は全て全部消え去ってしまうのだ。

「ファンキーさんのあのセリフもね、
あと4回言ったらもう一生言うことはないんだよ」
としんぺーさんに言われてちょっと切なくなった。

舞台役者の人達はまた別の舞台で一緒になることがあるかも知れない。
でもワシらロック界の人間はヘタしたらこの人達と一生会うことなく別れてしまうかも知れない。

そう思ったら、この素晴らしい仲間達のことをブログにUPしたいなあと思い立った。
時間をみてちょくちょくUPしたいと思う。

Posted by ファンキー末吉 at:13:40 | 固定リンク

2010年6月18日

中野がゲストって・・・

何か変な気分でしたなあ・・・

「旅人よ」を一緒に演ったけど、
まあこの曲をワシは爆風以外で演ったことはないので
それでちょっと変な感じっつうのもあるけど、
筋少モードにいきなり爆風を持ち込まれて変な感じっつうのもあった。

大槻がゲストの時はむしろ違和感なく、
「バトル野郎」も「日本印度化計画」も去年一緒にやってるし、
まあ制作過程から一緒にいるのでまるで
「自分のバンドのボーカルがゲストで出るから」
みたいな感覚である。

ところが中野の場合、「自分のバンドのボーカル」ではあるものの、
いかんせん一緒にやっていない期間が長過ぎる・・・
いつの間にやら中野より大槻とたくさんやっているドラマーになってしまったのじゃ・・・

またふたりのキャラクターがちと似てるので
(そう思うのはワシだけか?)
よけいに頭の中で混乱してしまうのじゃろう・・・

そんなこんなもあって楽しかったぞよ。
今度は河合も呼んで和佐田も一緒に来て下さい!!
などと思ってたらもう東京は千秋楽ではないか!!!

楽屋には段ボール箱が置かれていて、
「大阪に持ってゆく私物はここに入れて下さい」
とある。

「赤坂ブリッツの箱バン」生活も長かった。
自分の部屋みたいになってるこの楽屋を引き払うのもちと寂しい。

とにもかくにも今日で東京最後!!
燃え尽きるべく頑張るのじゃ!!

Posted by ファンキー末吉 at:11:23 | 固定リンク

2010年6月15日

あと5本で東京終わり!!(寂)!!

気がついたらもう折り返し地点を越している。

tokyo_schedule.gif

昨日ブログもTwitterもやらずにゆっくり休んで、
今日も夜の部だけというのはもう「楽勝」である。

人間やれば出来るようになっているのじゃ・・・

今日は夜の部だけ、
明日は昼夜、
明後日は中野が来て夜の部やったらもう東京は千秋楽!!

なんか寂しい・・・

これだけ大勢の人間が一丸となって、
そして「形に残らないもの」を命がけてで作って、
そして大阪公演が終わったらこの舞台は終わるのだ。

これが演劇界の「生き様」なのである。
ちと寂しいが仕方ない。

あと残り数本を命がけでやって細胞のひとつひとつのこの舞台を刻み込んでゆこう。

Posted by ファンキー末吉 at:17:52 | 固定リンク

2010年6月13日

祝!!脱糞!!!

めでたしめでたし!!

ShukuDappun.JPG

狂乱の中打ち上げまであと1本!!!!!

Posted by ファンキー末吉 at:17:10 | 固定リンク

「上火」とは?

こちらに詳しい説明が載っていた。

陰と陽のバランスが崩れ、陽が非常に多い時のことを指すと言うが、
「身体が興奮状態にあって障害がある」
ということではないかと勝手に解釈させてもらっている。

つまりこのデブは、
日本にやって来て毎日ミュージシャンとして多忙な生活をやっている。
ただでさえ「陽」になっている時に、
そのまま「毎日ステージに立つ」しかも時には1日2公演・・・
汗もかく、酒も飲む。
陰液の消費が多くなり、
慣れない外国での生活もあってそのまま陰陽のバランスが崩れた、
と考えるのが自然ではあるまいか・・・

ワシの場合、外国で暮らしたりするが便秘だ下痢だとは無縁である。
「上火」の症状を見るに、
「口内炎」だ「喉が痛い」だ「変に声がかすれる」だ「オシッコの色が濃い」だは日常茶飯事である。
まあ「貧血」だ「便秘」だがないぐらいである。

別にウンコさえ出れば「上火」でも生活に支障はないぞよ・・・

1日2公演の生活はロックの世界では皆無であるが、
ツアーなんぞは毎日小屋が違うので、
サウンドチェック、リハーサル合わせると1,5公演ずつ毎日やってるみたいなもんである。

それに比べるとこの「赤坂ブリッツ箱バン状態」は、
言ってみればその辺が楽だということになる。
(慣れてくるとすぐこんな強がりを言ってみる)

本番が多いわけだからその分「興奮」する。
そうすると寝られないから酒を飲む。
酔い潰れて「寝る」というより「気絶」する状態で無理矢理身体を休ませる。

気絶しているうちはいいが、意識が戻って来るとまだ気持ちはステージ上にある。
毎晩夢の中できっかけに合わせてクリックを出して、
同じ曲を何回も何回も繰り返し演奏している。
ちなみに夕べは「Away in the life」だった。

つまりこの1ヶ月近く、四六時中筋少の曲を演奏しているのじゃ・・・

酒を飲むとより「上火」するというが、
まあ酒との付き合い方を経験上よくわかっているから、
うまく陰液を消耗することなく毎日をうまく暮らしているのがワシ、
出来てないのがデブなのであろう。

頑張れデブ!!
ウンコさえ出れば「上火」でも生きてゆける。
牛乳飲め!!ヨーグルト飲め!!コーヒー飲め!!
バナナ食え!!キュウリ食え!!スイカ食え!!

今日も2公演頑張るどー!!

Posted by ファンキー末吉 at:09:19 | 固定リンク

2010年6月12日

上火的薬!!

昨日の帰り道、張張が「上火的薬」を買ってくれと言うが、
その「上火(Shang Huo)」という中国語の意味がどうもわからない。

いろいろ症状を聞いてみるが、どうも「便秘」らしい。
何日ウンコが出てないのかと聞くと「4日」と答える。

夕べは薬屋が空いている時間ではなかったので、
とりあえず今日会場入りして楽屋の救急箱を見たらそんな薬は置いてなかった。

いや、考えてみろ!!薬なんか飲ませてステージ上でもよおしてしまったらどうする!!

2階のホワイトボードに書き込んで知恵を頂く。

Benpi1.JPG

とりあえず近所のコンビニで買えるものは買って来た。

Benpi2.JPG

帰って来たら水野さんが「マスカット黒酢」というのがいいと言って差し入れてくれた。
さすが主役!!こんなものを持ち歩いているのか?!!(んなアホな!!)
わざわざ買って来てくれたのかも知れん。
どうもすみません。

大さじ1杯のマスカット黒酢を3〜5倍に薄めて飲むといっぱつだと言う。

Benpi3.JPG

これも飲んでバナナも食ってヨーグルトも飲んで牛乳飲んでタバコ吸って、
もうすぐ本番である。

大丈夫か?ステージでチビらんか?・・・

Posted by ファンキー末吉 at:13:10 | 固定リンク

2010年6月11日

昼夜2本はちと凄いわ・・・

通常ロックなんかやってるとまずこんなブッキングはないからなあ・・・
昼の部終わって楽屋の床にぶっ倒れてたらそのまま寝てしまってた。

聞いたら役者さん達もみんなそうだったらしい。
あのテンションで2時間半、歌って踊って叫んで、
それでまた夜も同じテンションでやるんだからもの凄い。

昨日はトラブルもたくさんあった。

2曲目でモニターからブーというノイズが・・・
てっきりギターからだと思ったらキーボードだった。
キーボードミキサーが発振してノイズが出てたのだ。

ミキサー外して直でつないでことなきを得たら、
今度は市川しんぺーさんの衣装のズボンのベルトが壊れた。

でもさすがは役者さん、アドリブでうまく切り返していた。

しんぺーさんと村上さんが一緒に出て来る場面では着替えが間に合わず、
村上さんがひとりでアドリブでひっぱっていたのも面白かった。

舞台っつうのは「生」やからこういうところも見どころで面白いね。

ところで二井原がブログで舞台の感想をUPしてた。
村上さんの歌で涙したと言う・・・

確かに泣くところではないが、
ここが笑いどころとかになってしまったら舞台がぶっ潰れてしまうので、
このバラードの歌は音楽監督としては最後まで心配だったのじゃが、
世界の二井原実の涙を誘うぐらいだったら大したもんじゃぞ!!姫よ!!

「あの体型も存在も反則!!」
というのはワシも激しく同意である。

しかし昨日のゲストの黒沢かずこも凄かった。
反則というとこの人はもう「凶器」である。

ゲストの登場はワシと張張の間から登場するのじゃが、
「千手観音かずこ」に扮して腰を振りながら登場する黒沢さんを見て、
張張が目を白黒させて絶句していた・・・

そりゃ中国には、いや、世界中探してもこんな「物体」にお目にかかることはあるまい。

森三中には更にもうひとりの「凶器」がいるという。
15日の公演にはその「凶器」こと「大島美幸」さんが何をやってくれるのか、
個人的にはそれが今から非常に楽しみである。

今日は夜だけなのでゆっくり楽屋入りしたが、
既にもう眠たい・・・

明日から怒濤の昼夜2回公演の連続二日!!
つまり今日から3日間で連続5公演なのじゃ!!

死ぬ気で頑張るのじゃ!!

Posted by ファンキー末吉 at:15:48 | 固定リンク

2010年6月10日

連続9本の4本目!!

夕べは田川くんの誕生日で飲んでしまったので身体が重い・・・
出番前に油そばの大盛りを食ったので身体が重い・・・

身体が重いとクリックが早く聞こえるのでしゃかりきになってしんどい・・・
でも通算7本やっているのでもう段取りも曲もしっかり把握している。

そんな時に一番トラブルや事故が多い!!

Naredeyacchadame.JPG

今日のホワイトボードの訓話はこれ!!

昼の部は筋少の本城くんが見に来た。
夜は二井原が見に来る。

こちらは8本目でも見に来る人は初めてなのじゃ。
毎回初日のつもりで頑張るのぢゃ!!

Posted by ファンキー末吉 at:17:49 | 固定リンク

2010年6月 9日

9連チャンやったんや・・・

「死ぬ気」で8連チャン最初のライブが終わり、
仮谷亭で飲みながら数えてみた。

tokyo_schedule.gif

水曜日が夜の部だけ、
木曜日が昼の部と夜の部、
金曜日が夜の部だけ、
土日は昼の部と夜の部、

・・・言うたらまだあと8本あるやん!!!

9連チャンやったんや・・・
とりあえず仮谷亭で中打ち上げ(毎日やっとるやん!!)

KariyateideNakauchiage.jpg

Posted by ファンキー末吉 at:07:48 | 固定リンク

2010年6月 8日

アウェーインザライフ5本目!!

今日から怒濤の8連チャンが始まる。

赤坂ブリッツに着いたら階段の踊り場のホワイトボードに、
演出家からこんな伝言が書かれていた。

MaikaiShindekudasai.jpg

よし!!今日も死にましょう!!

でも8連チャンってロック界ではありえんでぇ・・・
週末は昼夜連チャンが2日間もあるし・・・

と思ったら楽屋にはこんな張り紙が・・・

NakabiUchiageAnnai.jpg

よーし!!8本乗り切れば酒がぁ!!!!!!

Posted by ファンキー末吉 at:17:07 | 固定リンク

2010年6月 7日

そうそう、寺田姐さん

ゲスト出演ありがとう!!

ゲストが知り合いだと私も非常に気が楽で、
すんません、限界ラバーズ、ほんの少し間違えてしまいました・・・

セリフも唯一アドリブが入り、
さすがはミュージカル女優(と言ったら怒られた)!!
というぐらい堂に入ったものじゃったが、
ご本人曰く「非常に緊張した」らしく、
文字通り「手に汗握る」演技だったらしい。
(全然そうは見えなかったが・・・)

「30過ぎで派手な格好して何が悪い!!」
とアドリブでおっしゃってましたが、
姐さん・・・30はとっくに過ぎてらっしゃる・・・
(一説によると800年生きてらっしゃるらしい・・・)

それにしてもみなさん、
これがアラフォーのしかもアラフィフの方が近いという年齢の方に見えますか?

TeradaNeesan1.jpg

これぞロック界の「由美かおる」!!
ステージには次から浴槽を用意し、MCは入浴シーンで行うそうです。

「また出たい!!」とおっしゃってくれましたが、
スタッフの皆様、大阪公演のゲストは決まってらっしゃいますか?
空きがありましたらまた是非姐さんをブッキングして下さい!!

TeradaNeesan2.jpg
(姐さんも水野さんも若すぎ・・・ついていけん・・・)

Posted by ファンキー末吉 at:11:11 | 固定リンク

5連チャン終了!!小打ち上げ!!

「明日は昼の公演だけで夜がないんですよねえ。
そいでもってその翌日は休演日でしょ。
これってみんなで飲めってことですかねえ・・・」

と前日から役者のみなさんにそう言ってたワシであるが、
蓋を開けてみたらゲストの寺田恵子さんから、
水野さんからソニンちゃんまで参加する大打ち上げになってしまった。

村上さんなんかその後仕事があるというのに
(凄いスケジュールよなあ・・・)
「ちょっとだけ」と言って参加した。

ファンキー村では毎日村上さんの話題で持ち切りである。
「あの体型は反則ですよねえ」

もう「人間」というよりは「小動物」に近く、
そのまま手がマンガのようにヒヅメになってて
お尻にちょこんとくりんくりんのシッポがついててもおかしくない。

あ、けなしてるんじゃないんです。
本当に「可愛い」のです。

それに「お笑い」の人だから、これは言うまでもなく「天賦の才能」。
人を幸せにさせるために生まれて来たと言っても過言ではあるまい!!

毎日ドラムのところに設置されたモニターでみなさんの演技を見ているのじゃが、
何かいつも村上さんの演技がむしょうに微笑ましく
何でこんなに笑えるんだろうと思ってたら仮谷くんが原因を発見した。

「村上さんねえ、手足が短いんですよ。
だから両手を広げる演技をしてもなんか短い手足が異様に可笑しいんですよ」

いや、けなしてるのではない。
本当に「可愛い」のである。

「そうなんですよ、私よく言われるんですよ」
ということで隣にいた伊藤バアタアさんと腕の長さを比べてくれた。

Tegamijikai.JPG

見事に人の半分しかない!!
腕の全部の長さが人の肘までの長さと同じなのだ・・・

凄いぞ村上さん!!
明日からまたステージから僕たちに、
そしてみんなに「愛」を振りまいておくれ!!

Posted by ファンキー末吉 at:10:30 | 固定リンク

2010年6月 6日

被りモノ

もうだいぶ慣れて来たので楽屋でこうしてブログを書くことが出来るようになった。

慣れたと言ってもセリフとか役者の部分は素人なのでいつも何かがトラブる。
昨日の昼の部はマイクをドラムのところに置き忘れて来て、
スタッフの人が苦労しながら取りに行ってくれた。

夜の部のひとつの失敗は「被りモノ」による。
セリフはあるし被りモノまであったりもするんだから
「影バンド」という「役」はなかなか大変である。

曲が始まる前は同期がちゃんと動くかのチェックや、
きっかけのチェックで大わらわなのであるが、
その「被りモノ」まで気がいってなかったのだから仕方がない。

それがいつも置いてある位置に置いてなかったりしたもんだから慌てた。
慌てたからトラぶった。
だいたいにおいてトラブルというのは「人災」であることが多いのだ。

キーを押してもProtoolsが走らなかった。

後でわかるのだが、きっと慌ててたので何かがマウスに触れて、
Protoolsがアクティブでなくなっていたのじゃが、
この時点ではそんなことは夢にも思ってないのでここで頭脳は通常の数倍の早さで考える。

バックアップのHDレコーダーを走らせるか?
いや、この曲はコーラスしか入ってないからそのままカウントを入れて同期なしで演奏するか?
迷っているヒマはない。
タイトルコールをして間があけばそれだけ楽曲のインパクトが薄れることとなってしまう。

即座に同期を捨てる判断を下す。
この間ゼロコンマ何秒なのでスタッフも誰もトラブルが起こったとは思っていない。

もしこの楽曲の同期がもっと大切なものだったとしたら、
ワシは迷わずバックアップを走らせる。
バックアップも走らなかったら結局大きな「穴」が開いてしまうわけだから、
今回のワシの瞬時の判断は正しかったと言えるじゃろう。

昨日は紙一重の差で大きなトラブルには至らなかった。
もうすぐ今日の公演が始まる。
慌てるな!!落ち着け!!
トラブルのほとんどは「人災」なのだ!!

Posted by ファンキー末吉 at:13:08 | 固定リンク

2010年6月 5日

エンゲキロック2日目終了!!

いやーエンゲキロックと言うぐらいだから「ロック」です。
1日ふた回し公演をやるとかなり体力を消耗します。

役者さんってほんとに凄いよなあ・・・

昨日の初日を終え、
段取りとかいろんなものに慣れた頃大きな失敗をするのが常じゃが、
まあ経験則と緊張感で今日も大きな失敗もなく、
昨日の教訓を受けてマイクはずーっと口元に置いて固まったままセリフを言ってたが、
やっぱこれはこれで客には面白いらしく、
今日もまた素人演技で恥ずかしいウケをとってしまった・・・

しかし演奏は日々磨かれてゆき、
だんだん自分としてもこれを「ロック」という表現として深く理解してゆく。

夜の部は内田くんが見に来てくれててこう言ったぞ。
「筋少の曲って改めてこうやって聞くといい曲なんだなあ」
って・・・

音楽監督とすれば非常に嬉しいひとことである。
自分の曲を自分で演ってるうちにはわからない魅力が、
実は筋少の曲にはまだまだたくさんあるという証拠だ!!

この一流の役者さん達がよってたかってご本人すら
(ひょっとしてファンすら)
見えてなかったこれらの曲の魅力をデフォルメして表現しているのだ。

さらには
「ヤバいなあ・・・ゲスト出演する日の昼間の公演はみんなで見に来た方がいいなあ・・・」
と言うのでそればっかりは
「いや!!見に来なくていいよ」
と言った。

ゲストコーナーは、特にミュージシャンの皆様はセリフに四苦八苦しているが、
それが実は客にとって一番面白かったりするので、考えてもみなさい!!
筋少の4人がやって来て、
誰がセリフを言うのかはわからんが、
(個人的には橘高に言って欲しいが)
演技がむっちゃうまくて客は嬉しいか?

お前らもワシと一緒に恥ずかしい思いをするのぢゃ!!!は、は、は!!!

2日終わって少々壊れかけているワシは、
明日は昼の部だけだからそのまま赤坂で飲むのぢゃ!!!

は、は、は、は、は!!!!

Posted by ファンキー末吉 at:23:55 | 固定リンク

アウェーインザライフ初日終了!!

いやーいろんなことがありましたが何とか初日終了しました!!
ワシとしてはいろんなキュー出し、機材トラブルがなかっただけで大成功である!!

今日の新兵器!!

KyounoShinheiki.JPG

真ん中は、万が一ワシから出すいろんな重要な音が、
何かのトラブルで出なかった場合のエマージェンシーボタン。
ゲネプロの時にはこれはワシの後ろ側にあったのじゃが、
ドラムを叩き出したら後ろ向いて押せないことが発覚してこの位置に変えてもらった。

このボタンを押したら、曲の最後の大事な同期データはPA席から出してもらえる。
しかしそんな事態が起こらないようにするのがワシの仕事であり、
「万が一」起こったとしたらそれに対処しておくのもワシの仕事である。

おかげでワシは曲が始まる前は戦争状態である。
Protoolsを次の曲にセットし、
ちゃんと走るかチェックした後にバックアップのHDレコーダーをセットし、
それもちゃんと走るかチェックした後、
スタートボタンに手を置きながらきっかけが出たらボタンを押し、
クリックを聞いたらドラムを叩き始める。

とりあえずその辺にミスがなかったのは音楽監督としてはまずまずの滑り出しなのじゃが、
やっぱ難しいのは「セリフ」である。

ゲストで出た大槻も四苦八苦してたが、
どうもお客さんにはワシらのような素人が四苦八苦してるのが面白いらしい。

稽古の時にもいつもワシは笑われる。
「ファンキーさん、他の人は話す時だけマイクを持ち上げて、
普段は下げてるんですが何でファンキーさんだけマイクをずーっと口のところに当てたまた固まってるんです?」

だから今日はマイクを降ろした。
ワシも役者さん達ほどではないが、
もう何回も稽古したのだ!!段取りはわかっている!!

と思ったら大間違い!!
「本番で新しいことをやるな!!」
というセオリーがある種ある。
何も「冒険をするな」ということではない。
アドリブで崩壊するぐらいだったら決められたことを守るのが、
とりあえず音楽でも何で鉄則である。

しかし「欲かいた」という言葉がある通り、
ワシはきっと「出来るだろう」と思ったのじゃろう。
マイクを降ろした。

そしたら次のセリフの時に口元にマイクがないまま、
マイクを降ろしたままセリフを言っている・・・

アホである・・・

客席も大爆笑だったらしい・・・
(ワシはもういっぱいいっぱいだったのでそんなことまで見ている余裕はなかったが・・・)

ゲストのオーケンもしかり、
素人がこんな風にパニクっているのは面白いらしい。
オーケンも相当ウケていた。

橘高はワシに言った。
「末吉さんも大槻も、このまま演技がうまくなったら面白くないんです!!
ずーっとこのままの演技でいて下さい!!」
と・・・

そうもいかん・・・ワシは毎日それをやっているのじゃ!!
ヘタウマのドラムも叩いてれば上手くなるじゃろう・・・

皆の衆!!今のうちじゃぞ!!
末吉の素人丸出しの演技を見れるのは!!!
(結局最後までこのレベルだとは思うが・・・)

最終日のゲストである水木一郎さんがいらしてワシにこう言った。
「あれ見て私も肩の荷が軽くなりました!!」
と・・・

明日は昼夜2回公演!!
(今日もゲネプロがあったから似たようなもんじゃが・・・)
頑張るぞよ!!!

Posted by ファンキー末吉 at:00:15 | 固定リンク

2010年6月 3日

明日が本番ではないか!!!

毎日赤坂ブリッツで「場あたり」という作業をやっている。
全ての場面を全ての出し物を出して通してゆくのだ。
ここに照明、小道具、映像など全てが合体して舞台が最終的に仕上がってゆく。

バンドはもうここまで来ると「こなす」作業。
やるべき音楽をひたすらノーミスで演奏するのみである。

今回のドラムセットは一応フルセット持ち込めたのでこんな感じである。



いつもと少しだけ違っているのは左側に並ぶ機材群、
これこそが今回は「ドラマー」という立場だけじゃなく「音楽監督」という立場であるからこその機材である。



まずは役者のコーラスや筋少のマルチ音源から抜き取ったいろんな音などをバンド演奏と同時に流すためのProtoolsシステム。

必然的にワシはほとんどの曲をクリックを聞きながら叩くこととなるが、
役者さんにとっては実はこれが非常に助かる。

何度も何度も同じオケで練習し、
歌始まりの曲でも絶対音感よろしくキーを出さなくても歌い出せるほどになっている役者さん達にとって、
通常のロックコンサートのようにバンドが気分によってテンポを微妙に変えられては困るのである。

「よく本番でProtoolsなんか回しますねえ」とよく言われたりする。
コンピューターが暴走したりフリーズしたり、
そんなトラブルを危惧してハードディスクレコーダーを使う人が多いが、
ワシの経験上ではProtoolsは一度も本番で止まったことはないが、
ハードディスクレコーダーは一度だけ止まったことがあるのだ。

本当に「万が一」ではあるが、
もしもProtoolsシステムに何か異常があった場合には
すぐにハードディスクレコーダーに切り替えられるように全てをバックアップしておく。

ついでに言うと、Protoolsシステムを動かすマウスやキーボードも
抜けたり落としたり、不測の事態となってしまった時のためにもう1セット用意してある。

ここまでやってもトラブる時はトラブるし、
やらなくてもトラブらない時はトラブらない。
降水確率10%だったってその10%に当たったら雨はふるし、
万が一だってその「一」に当たったら全てが終わってしまうのだ。

そしてProtoolsシステムのモニター画面の上にあるのは譜面台。
ここには台本が乗ってある。

別にセリフの練習をしたいわけではない。
音楽を出す無数のきっかけはこの台本上にあるのだ。

譜面台の右側には舞台を映し出すモニターがある。
いろんなきっかけはセリフじゃなく演技だったりするからだ。

そんなきっかけやシステムバックアップなんか音響さんに任せて、
自分はクリックが来たらドラム叩き始めればそれでいいんじゃないですか、
ともよく言われたりする。

しかしワシはどうしてもそれが出来ない。

別に音響さんを信頼してないわけでも何でもない。
人間なんだから誰でもミスをするし、
運が悪ければ誰でも機材トラブルに見舞われる。
「音楽監督」として全ての責任を担っているワシが、
その命運を人の手に委ねるなんてことはどうしてもできないのだ。

幸い過去このような大きな仕事でトラブったことはない。
しかしだからと言って明日がトラブらないとは限らない。

「神業」という言葉があるが、
残念ながら人間が「神」になることはできない。
いくつかの「偶然」が積み重なって
人間がほんの少しだけ「神」に近づいたように「見えた」だけである。

そして人間はその「偶然」すらコントロールすることは出来ない。
人間が自らの力で出来ることと言ったらとどのつまり
「努力」と「準備」しかないのだから。

明日の初日がどうなるのかは、まさに「神」のみぞ知ると言ったところである。



Posted by ファンキー末吉 at:14:40 | 固定リンク

2010年5月27日

落ちた!!痩せた!!

いやー・・・酒飲まずに「落ちた」のは久しぶりである。

集中工事の中央高速を運転している時から既にうとうとしていたが(危ないやん!!)、
家に着いて下の子をあやそうと寝室で、
「ボクはまだ寝てないんでちゅか、いけまちぇんねえ、早く寝ないかんでちゅねえ」
とかやってるうちに自分が寝てしまった。

夢の中ではまだ「稽古」をしている。

水野さんが熱いセリフを喋っている。
伊藤さんがおもろいセリフを喋っている。
気がつけば肌がネバネバする。

そうだ、これは夢なんだ・・・
そのまま風呂にも入らず、服も着替えずに寝てるんだ・・・
と思いながらまだ稽古をしている。

聞くところによると、酒を飲んで「落ちる」のは、
実は「寝てる」のではなく本当に「気絶している」らしい。

つまり、身体は一生懸命回復させようと頑張っているので、
本人は寝ているつもりでも実は寝てはいない。
朝、「いやーよく寝た」というのは実は、
寝て起きたのではなく、「気絶して意識が戻っただけ」に過ぎないというのだ。

だからきっと飲まずに寝た夕べのワシの場合は逆に、
一晩中稽古をしていたような気になっているが実はゆっくり寝たのだと思う。

朝5時に目が覚めた。
風呂に入って体重を計ったら1kg痩せていた。

きっといつもそれをビールで補充していたのが夕べはしてないから痩せているように見えるだけなのじゃ・・・

補充補充・・・・

朝飯作って子供達に食わせ、
隙を見て朝からビールを飲む。

いや、ワシに言わせれば一日が始まる朝ではない!!
ワシは一晩(夢の中で)稽古をして、
稽古終わって風呂上がりに一杯やっているだけなのじゃ!!

今日は午後から稽古なのでビール飲んだらまた寝るのじゃ!!

Posted by ファンキー末吉 at:07:05 | 固定リンク

2010年5月26日

舞台稽古大詰め!!

アウェーインザライフの舞台稽古、
24日から始まった生バンドとの合同稽古は今日で最後。

今日は初めてバンドを入れて最初から最後まで通す!!

いやー・・・今日やっと全貌が明らかになるわけですな。
噂によると筋少のメンバーも見に来るというが本当だろうか・・・

「本当に出来るのか?この芝居・・・」
と心配しているという噂だが、
ワシとしては「出来る!!」と確信している。

役者さんって本当にもの凄い!!
楽器をやれと言われれば本当にやってしまうし、
この人達はきっと「空を飛べ」と言われたらきっと飛んでしまうだろう。

今日の通しが終わったら舞台を体育館に移動して、
赤坂ブリッツがすっぽり入る体育館で、
今度は舞台設備を全部入れて稽古が始まる。

あいにくここは防音が施されてないのでバンドは演奏出来ないというので、
「おう・・・やっと休みだなあ・・・」
と思ってたら、
「バンドのみなさんも来て下さいよ。だってあんた達は演技もあるでしょ」

げ・・・ほんまに演技するのか?・・・
えらいこっちゃがな・・・

Posted by ファンキー末吉 at:08:11 | 固定リンク

2010年5月18日

影バンドリハーサル開始!!

「アウェーインザライフ」の「影バンド」役で出演し、
ほとんど全ての演奏を担当する、その名も
「影バンド」(そのままやないかい!!)
のリハーサルが昨日から開始された。

場所は八王子のうちのスタジオである。
(何故ならスタジオ代がいらんから・・・)

その前に、スタジオに置かれている子供のジャングルジムを片付け、
デブが寝泊まりしている布団を片付け、
いろんなものを片付けたら半日かかった・・・

そして名古屋から終演後に運ばれたドラムセットをセッティングし、
レコーディング用にマイクをセッティングし、
アンプをセッティングし、キーボードをセッティングしたらもういっぱいいっぱいである。

KageBandRhSt.jpg

ギターに屍忌蛇くん、
ベースに仮谷くん、
そしてキーボードに・・・デブ・・・

デブはいかんじゃろ・・・うちには・・・

まあ屍忌蛇くんだけがファンキー村の住人ではないので、
毎日せっせこ八王子まで通う事になるのじゃが、
ワシらは通勤時間ゼロ!!

今日なんかも終わったらすぐ風呂入って酒飲んどるもんねー!!

しかしスタッフから連絡があった。
「明日打ち合わせのため稽古場に来て下さい!!」

ひぇー!!中央高速が集中工事のため2時間半かかるのよーん!!

打ち合わせ八王子まで来てくれんかのう・・・
いっそのこと稽古もうちでやってくれんかのう・・・
稽古場建ててもええでぇ・・・

ま、そんなこと言うてたら本当にやらなあかんようになるからやめとこう・・・

ギネスの話・・・どないなるんやろ・・・

Posted by ファンキー末吉 at:18:11 | 固定リンク

2010年5月 1日

アウェーインザライフ稽古再開!!

再開と言っても別に稽古が休みだったわけではない。
ワシがおアホなツアーのためサボってただけのことである。

二日酔い(というよりずーっと酔っている状態)で新幹線に飛び乗り、
そのまま筋肉少女帯のリハスタに飛び込む。

そこで少々打ち合わせなどをしてから稽古場へ・・・

いやー・・・それにしても役者さんは凄い!!
毎日毎日8時間以上、
ほぼ休みもなくぶっ続けで、
本番と同じテンションでずーっと稽古をする。

それが終わったら楽器の稽古、
歌の稽古、
踊りの稽古・・・

こんなことを2ヶ月近く毎日毎日繰り返すのじゃ・・・
ワシらミュージシャンにはとてもじゃないけど無理じゃぁ!!!

そのテンションの高さに身も細る思いである・・・
(ツアーで太ったのでちょうどよいが・・・)

Posted by ファンキー末吉 at:06:30 | 固定リンク

2010年4月21日

本読み


ミュージシャンには聞き慣れない用語だが、
最初に全員が集まって台本を読み合わせる作業、
つまり役者同士の「ファースト・セッション」である。

かくいうワシも一度「バトルヒーター」なる映画に出演させて頂いた時に経験したことがる。
その場に言ったらみんな真剣そのもので、
台本を読んだ事もなければ
その台本すら持って来てなかったのはワシだけだった。

「本読み」って「みんなで初めて台本を読む」ことではないのよーん!!

まあプロの役者さんにとってはこんな男は「おととい来い!!」なのであるが、
当時まだブレイクしてなかった岸谷五朗ちゃんが優しくワシをフォローしてくれたことを覚えている。

さて、昨日のアウェーインザライフの本読み、
TBSのお偉いさんからはじまって関係者全員が勢揃いして行われ、
同席した仮谷くんなんて緊張のあまり
音楽を出すプロトゥールスのキーを押す手が震えてたほどである。

いやー写真撮るヒマもなかったが、
そうそうたる役者さんの名演技、
座って台本を読んでいるだけなのに笑うところは大爆笑、
泣くところは涙ちょちょぎれるほどの表現力!!

社長さんは社長さん、オカマさんはオカマさんにしかもう見えん!!
実は本人がそんな人ではなく「役柄」なんじゃけどね。

もう役者さん達のプロ根性には脱帽!!
本読みでこれだけ感激するんだから本番はもの凄いものになること間違い無し!!

請うご期待!!

Posted by ファンキー末吉 at:11:20 | 固定リンク

2010年4月20日

歌稽古大詰め

ツアーから稽古場に直入りして、
データを開いてかんじさんが代わりにやっててくれた仕事をチェックする。

今日初めて歌稽古に来る伊藤さんとソニンちゃんの歌以外は
もうほぼ出来上がっていて後は反復練習のみというところである。

でかしたぞ!!かんじさん!!

EngekiRockKanjiTeachingGt.jpeg
(かんじさんのギター指導の様子)

伊藤さんが登場したらいきなり音楽が流れ、
水野さんが「昨日誕生日の方がいらっしゃいます!!」とケーキを用意していた。

EngekiRockAokiBirthday.JPG

スタッフのAokiさん、そしてまた音楽が流れ、
「伊藤さんも昨日誕生日でした!!」
とまたケーキ!!

EngekiRockItouBirthday.JPG

ロック界でも長いツアーではよくこういうことがあるが、
演劇界は基本的にチームを組んでから一緒に過ごす時間が長いので、
なるほどこうやってみんなの絆が深くなってゆくのかと感心・・・

偉いぞ!!主役!!

全ての役者さんが一応一度は歌を歌った状態になったので
今日は初の「本読み」!!

劇の全貌をやっと見ることが出来る。

Posted by ファンキー末吉 at:05:46 | 固定リンク

2010年4月17日

アウェーインザライフ歌稽古2日目終了!!

筋肉少女帯の音楽を使ってのロックミュージカル(と言っても過言ではない!!)、
当然ながらその歌詞もストーリーに合わせて
たとえば「僕」を「わたし」に直したり、いろいろ書き直さなければならない。

この辺は大槻ケンヂが脚本家と一緒に苦労して書き直したのであるが、
その中でもあの曲やこの曲がまるで違った歌詞となる場合もある。

台本を読んだだけで吹き出してしまいそうなその歌詞に
「こいつは天才か!!」
と大槻に多大な敬意を払ったりもしたのだが、
スタッフの方から
「何とか早く新しい歌詞でDEMOを作ってくれませんか?」
と矢のような催促が来る。
振り付けをするのにどうしてもそれが必要だと言うのだ。

筋肉少女帯の曲で踊りを踊るのか?!!
笑えるのう・・・

「別に原曲の構成を変えたバージョンは既にお送りしてあるわけだから、
それを使って振り付ければそれでいいんじゃないですか?」
と言ってたのであるが、
「原曲の詞のイメージが強過ぎて振り付けが出来ないんですぅ!!」
と泣きが入る。

そりゃそうだ、あの曲のあんな世界を歌われてて、
それとは全然違うあんな世界の振りを付けるのは難しかろう・・・

そう言えば昨日からワシの代わりに歌唱指導に行ってもらっているかんじさんがこんなことを言っていた。

「筋肉少女帯の曲は面白いんだけれども、
歌唱指導やろうにも曲を全然覚えとらんのだわ・・・」

そう!!つい歌詞を聞いてしまい、
結局メロディーの細かいところまで耳がいってないのだ。
わかるわかる、ワシが死ぬ気でコピーしてた時にもそうじゃった・・・

というわけで振り付けの先生のために朝も早うからDEMOを作る。
機材は稽古場に起きっぱなしなのでそこで歌入れをするのじゃが、
「歌」ったってそのほとんどが叫んでいるのが筋少である・・・

稽古場の隅で愛を叫ぶ!!!

Utageiko2.JPG

それにしても稽古場・・・広過ぎるんですけど・・・

Posted by ファンキー末吉 at:07:52 | 固定リンク

2010年4月16日

アウェーインザライフ歌稽古初日終了!!

いやー写真撮るヒマもなかった・・・
主演の水野美紀さんの撮った写真を拝借!!

UtageikoShonichi.jp.jpg

このだだっ広いリハーサル室にパソコンを持ち込んで、
その隅っこの四畳半ぐらいのスペースだけを使って歌唱指導している。

スペースが無駄じゃ・・・

とりあえずカラオケかけてあーだこーだ言っても進まないので、
自分なりのお手本を録音してしまえということで録音機材を持ち込んだのじゃが、
これが役者さんひとり1時間ではとうてい足りなかった。

機材セッティングの12時過ぎから10時間以上ずーっと作業しっぱなしだった・・・

でも役者さんみんな想像以上に歌がうまかったのでほっとした。
明日は15時ぐらいまでやって後はかんじさん
(爆風銃のギタリスト:画面左隅で困ったような顔をしてる人)
に任せた!!

ほな今から明日の米川くんのセッションのコピーして寝る!!
(寝る時間あるのか?・・・)

Posted by ファンキー末吉 at:00:45 | 固定リンク

2010年4月15日

アウェーインザライフ用に新しいシステム

嫁は言う、「うちの旦那は飲む!打つ!買う!」なんや、と。

飲む・・・酒を飲む
打つ・・・ドラムを打つ
買う・・・機材を買う

ええやん!!!

嫁もそう思ってくれてるわけだから晴れて機材を購入した。
だってもうワシのMacBookProはもうボコボコなのよ・・・

OldMacBookPro.JPG

移動の多い生活なのでいつも
パソコンは1年、嫁は数年でボロボロになってしまうのだが、
まあ今回のパソコンと嫁はまあ長く持ってるほうである。

チベットの奥地では寒暖の差でフリーズするし、
北朝鮮ではレコーディング中にスピーカーがパソコンの上に落下し、
あわやデータ全損と思ったらちゃんと動いとるし、
思えばこのパソコンも嫁もかなり丈夫である。

先日爆風銃のライブレコーディングの時に、
サブで回していたこのシステムが頻繁にフリーズしていた。

アウェーインザライフの舞台でこれを演奏に同期して回そうとすると、
既に信頼性の問題が出て来ているのも事実である。

何よりも今日から始まる歌稽古で、
役者さんの歌をとりあえず録音して、
「明日からワシ、ツアーでいないんでよろしく」
となった時、このシステムを置いてゆくわけにはいかん。

嫁もパソコンもボロボロではあるが、
「なくなれば困る存在」ではあるのだ・・・

嫁は買い替えるわけにはいかんが、
パソコンは買い替え、いや「買い足し」まで出来るので、ということで、
ついに新しいシステムを購入!!

NewiMac.JPG

「何や、あんたモニターだけ買って来てどないすんの?
本体はどないすんねん!!」
と嫁が言うが、
実はこの中に本体が全部入っているのじゃ!!

知らないうちにiMacが進化していた・・・

まあこの辺の詳しい話は次の週刊ASCIIのネタにでもするとして、
今からこの新しいシステムを持って歌稽古に行く。

「大槻の歌」を教えるんですよ!!
メロ譜に書いたら音符ではなく全部××になってしまうような・・・(涙)・・・

10時間コースで頑張って来ま!!

Posted by ファンキー末吉 at:09:34 | 固定リンク

2010年4月13日

セッションやり納め

今日は八王子ジモチーず
八王子在住のJazzミュージシャンばかりでセッションをしようというものだ。

これが終わったらワシはしばらく店ではセッションをしない。
「アウェーインザライフ」の仕事が始まってしまったのでスケジュールがぐっちゃぐっちゃになってしまうからだ。

実際もう既にぐっちゃぐっちゃである。

15日から歌稽古が始まるが、
ワシは16日には米川英之くんとのセッションが入っており、
17日から京都大阪のツアーである。

「困ります」と言われても先に入ってたものは仕方がない。
歌唱指導は何とか他の人を立ててやってもらうしかない。
ワシのために他の役者さんに迷惑をかけるのは心苦しいが、
ほんとこればっかは仕方がないのだ・・・

多くのプレイヤーはプレイヤーを卒業してアレンジやプロデュース、
つまり「制作の仕事」へと移行する。

だから世にいるほとんどのプロデューサーはもう「プレイ出来ない」

まあ仕方がない、楽器を弾いてる時間が絶対的に少なくなるんだからね・・・

まあ、かと言ってプレイヤーの仕事ばっかやってると
実際制作の仕事をやる時間なんてないのであるから、
何とか両立させてやろうとするとこれがなかなか大変である。

この「アウェーインザライフ」の仕事はワシも舞台でドラムを叩くので、
まあ本格的な稽古が始まったら毎日ドラムを叩くこととなるので安心である。

安心か?・・・

1日20曲近く筋少の曲叩いて、
そんなのを毎日やりながら時には1日2公演する?・・・

ま、なるようにしかなりません!!
役者の人たちは歌まで歌って楽器まで練習して、
ワシはとりあえず得意なことだけやってればいいのでまだ楽である。

6月末の千秋楽まではJazzをやる時間なんてなさそうだから、
まあ今日は思いっきり楽しんで来たいと思う。

Posted by ファンキー末吉 at:14:24 | 固定リンク

2010年4月 6日

村上さんベース教室

森三中の村上さん、音楽に関しては言わずと知れたド素人である。

舞台というのは過酷な仕事で、
こんな人にも遠慮なく歌を歌わせ、楽器を演奏させる。

音楽監督という仕事はそれをも完璧に「仕事」として請け負っているわけだから考えたら大変な仕事である。

歌は今月半ばから全ての出演者に対してレッスンが始まるので、
現在は全ての楽曲のキーと構成を変えたカラオケを作成し、
個人練習の時間に充ててもらっている。

しかし楽器に関してはまるっきりの素人というものは「個人練習」と言われても何をやっていいやらわからない。
というわけで一番ずぶの素人である村上さんから楽器練習が始まっているというわけだ。

こんな感じ・・・

BassTraining.jpg

でも順調です!!

ふつう何もわからない人というのは「間違ったことがわからない」のであるが、
彼女は「どこが間違ったか」がわかるのだからあとは「反復」あるのみである。

問題は「歌」やな・・・
今月中旬からが「勝負」である!!

Posted by ファンキー末吉 at:02:03 | 固定リンク

2010年3月30日

徹夜仕事

「アウェーインザライフ」のミーティングに行って来た。
全ての出演者のキーを確認するためである。

ベース役の村上知子さんのキーは先日のベース教室で確認したが、
せっかくベースを練習した曲は残念ながらキーが変わってしまった。
順序を逆にするべきだったが仕方がない。
またベース教室に行かねばならない。

かくして全ての楽曲の構成とキーが出揃ったわけだから、
これをもとに出演者の皆様に練習して頂くためにカラオケを作成する。

いちいち毎回生で演奏してたらスケジュール的に大変になってしまうので、
やはりどうにかしてカラオケを作ろうと思ってたら、
運良く莫大な数の筋少のマルチトラックが手に入った。

KingShowMulti.JPG

この中から今回使用する楽曲のデータを探し出し、
その構成とキーを変えてカラオケにする。

もちろん脚本家の楠田さん(@kusunopropeller)が
一足先に聞いて感激したという最新アルバムのデータもあるが、
残念ながらワシはそれを聞いているヒマはない。
完成形より先にそのバラバラのデータを聞くことになるのじゃ・・・

仕方がない!!そういう仕事なのだから・・・

今から徹夜で全マルチをチェック!!
早くカラオケを作って出演者に早く歌の練習をさせてあげたい。

Posted by ファンキー末吉 at:23:11 | 固定リンク

2010年3月24日

エンゲキロック始動!!まずはベース教室

6月から行われる筋肉少女帯の音楽と演劇とを融合したエンゲキロック
「アウェーインザライフ」の仕事が始まった。

筋少のいろんな音楽を台本にちりばめた脚本家の努力ももの凄いものだが、
これからはそれを受けて形にしてゆくワシらの努力である!!

各楽曲の構成を話し合い、歌う役者のキーに合わせてアレンジをする。
更には実際に楽器を演奏する役者にその手ほどきをする。

その第一歩がベーシスト役である森三中の村上知子さんである。

「指が短いのでベースが弾けるのか?」
と不安で不安で仕方がない彼女は
「早めにベースのご教授を」
ということで今日がそのベース教室をしに行って来た。

森三中と言えば今やテレビの大スターで、
どちらかと言うとブッサイクなオバハンというイメージがあるが、
スタジオに現れた彼女はその辺にいる女子大生のような、
ちょっと「太め」なほんとに可愛いお嬢さんだった。

とてもブサイクというイメージはない。
このままキャンパスを歩いててもおかしくない、
普通の「お嬢さん」である。

テレビのイメージっつうのは当てにならんもんやなあ・・・

そんな彼女はベースという楽器を弾くのは初めて。
当て振りでいろんな仕事はやったが、
実際ベースはどのように音が出るのかも知らない。

手が小さいと楽器を弾くのに不利なのか?・・・

ワシも実は非常に手が小さい。
全ての楽器は一応こなして来たが、
どれも手が小さいと不利なものばかりである。

ピアノは1オクターブしか届かない。
だからリチャード・リーのように左手だけでドと、
そのオクターブ上のミを押さえる教則ビデオを見ても何の役にも立たない。

物理的にワシには出来んのである・・・。

橘高のギタープレイを見る。
華麗にピロピロと弾くその左手はゆうに5、6フレットはまたいで弾いている。

物理的にワシには届かんのである・・・。

そしてワシは手の大きさには関係ないドラムという職業を選んだ。
身体が小さいというハンデはあったが、
大きなフォームで叩くということで克服して来た。

その道に進むことにはいろいろと素質というものが必要ではある。
では村上知子さん自身それほど心配している「手が小さい」ということはそれほどこの仕事に大きな問題となることなのか・・・

とりあえずワシの手と彼女の手を重ねてみた。
Murakaminote.JPG

小っちゃ!!!

ワシより小さいというときっとピアノは1オクターブ届かないじゃろう・・・

子供か!!!

大丈夫!!
ビリーシーンのようにベースを弾くならそりゃなかなかじゃが、
ウッチーの数分の一ぐらいを頑張ってやるには問題ないのではないか・・・

4時間の練習で何とか課題曲のAメロぐらいは弾けるようになった彼女。
いやいや、大したもんですよ!!

ワシは明日から中国に飛ぶのであとは隣人のベーシスト仮谷くんに頼むぞよ!!
まあ明日、明後日2日間あれば大丈夫じゃろう。

あんたは歌もあるからな!!
頑張ってや!!

PS.娘から頼まれたサインも忘れ、一緒に写真を撮るのも忘れた・・・
ま、いいか・・・今から数ヶ月一緒に修羅場をくぐるのじゃ・・・

Posted by ファンキー末吉 at:22:09 | 固定リンク

2009年12月28日

筋少09年叩き納め!!

いやーしんどかった!!
短い時間のライブって長丁場よりもしんどい!!
短距離を全力疾走してるようなもんである。

だいたいPerfumeと木村カエラの間に筋少があるのがオカシイ!!

KingShowCountDownBandList.JPG
(ケータリング室にある舞台のモニターの下のバンド出演順の表)

会場で見てた嫁から
「民族大移動のようにみんなPerfume見に行ってるよ」
とメールが来る。
しかしPerfumeが終わると
「民族大移動のようにみんなおらんなるよ」
とメールが来た。

大丈夫か?!筋肉少女帯!!!

こんな状態だといつもにまして頑張ってしまうではないか!!
性である。

しかしライブが始まると客は満席である。
きっとよそのブースに行っていたロックファンが戻って来たのだろう。
まあ常識で考えてPerfumeのファンと筋肉少女帯のファンが同じわけはない。

安心して頑張ってドラムを叩いてちょっと飛ばし過ぎたようだ。
3曲終わってドラムの後ろでうずくまってたら舞監がすっ飛んで来た。
「大丈夫ですか?」
さすがにこんな末吉は初めてだと心配ですっ飛んで来たのだ。

ライブ終わって橘高は
「末吉さん、ヨシキみたいでしたよ」
と笑ってたが、
ワシの場合「ぶっ倒れてた」のではない、「へたってた」のである。
次の曲がカラオケでメンバー4人が歌う曲なので「休める」ので
思いっきり休ませて頂いてただけなのじゃ。

まあ舞監も長丁場のライブしか一緒にやってないので、
さすがこんな末吉は見たことがなかったのじゃろうが、
要はペース配分である。
1曲休める曲があるなら一応その曲の前に一回燃え尽きてしまおうと言う魂胆なのである。
まあ3曲目に燃え尽きることはそうあるもんではない。

残り4曲を叩き切り、
トイレに駆け込んで吐いた。
ふらふらしながら楽屋に帰り、
ウーロン茶をがぶ飲みして嫁と子供を乗せて車を運転して帰る。

運転しているうちに腹がへった。
通りに「ステーキのどん」の看板が見えたので無性にステーキが食いたくなった。

「肉を食うのじゃ!!」

肉を食わねばこんなドラムは叩けない。
ベジタリアンのサンプラザ中野くんが首相になり、
法律で肉食が禁止されてもワシは肉を食うじゃろう。

八王子のステーキ屋に直行して肉を食いつつ、
に電話したら
「Jamセッションですよ。お客さんあんましいないから叩きに来て下さい!!」
と言うので「Jazzならいいか」とばかりやって来たらどんどん集まって来るではないか・・・

結局Jazzの叩き納めもやる羽目になって幸せに酒を飲んでいる。

OsamuKouichiJamSession.JPG

明日は「ひとりドラム」の叩き納めじゃ!!
激辛鍋食い放題1000円もやるぞ!!

Posted by ファンキー末吉 at:20:03 | 固定リンク

2009年12月 5日

筋肉少女帯大阪終了!!

いやー体力やったね。
大阪のファンも熱いね。
へとへとになったけど今からもつ鍋食いに行く。

出番前に橘高のコメントを収録した。
内田くんも映り込んでるけど気にせんといてね。

Posted by ファンキー末吉 at:21:42 | 固定リンク

2009年12月 2日

筋少汗だくリハ

今に始まったことじゃないが、
筋少はリハーサルからして命がけである。
夕べ激辛鍋で深酒してしまっただけにキツかった・・・

だいたい1ステージ分通しただけで
Tシャツ2枚
小さなタオル1枚
バスタオル1枚
が汗でぐしょぐしょである。

KingShowAsedakuRh.JPG

もちろんパンツもぐしょぐしょだが替えを持って来てなかったのでそのまま帰った。

風呂に入って体重を計ったら1kg以上減っている。
まあこれでビールを飲めば同じなので今日は我慢することとして、
遅ればせながらに田川くんと是方さんのコメントを撮りに行った。

是方さんのコメント

田川くんのコメント

そう言えば是方さんは太田くんとやるのね。
自分で紹介しておきながらちょっと不思議である。

太田くんは12月9日にもスーパーボーカリスト三科かをりさんと一緒にやる。
その日は北京から戻りの日じゃが間に合ったら見に行こう。

Posted by ファンキー末吉 at:23:04 | 固定リンク

2009年11月 9日

飲んで疲れが吹っ飛ぶワシ

ファンキー村には隣に仮谷くんという素晴らしい人間が住んでいる。
風呂に入って酎ハイ片手に仮谷家に行って飲んでるうちに疲れなんか吹っ飛んでしまるからあら不思議!!

今日のライブには嫁も見に来ていて、
(と言うより毎回骨を拾いに来ていて)
燃え尽きているワシの姿を見て心なしか優しかった(ような気がする)。

いつも仮谷家で飲んでいると、
「うちの旦那は女囲うんじゃなくって隣に男囲うとるから」
と皮肉のひとつも言いたくなる心境なのであるが、
(これ歴代嫁全部同じ)
今日はやはり機嫌がいいと見え、
そのまま眠気眼をこすりながら仮谷家にやって来ても上機嫌である。

嫁の友人の筋少ファンから送られて来た
「今日とってもよかったよ」
というメールを見せながらにこにこと一緒に飲んでいる。

嫁、上機嫌で家庭平和である。
なんかライブ一生懸命やってよかったなあって気がひしひしとしてくる。

Anvilが映画の中で言うとった。
「人間誰しも年を取る。
あと20年、30年、40年もたてばみんな死んでしまってるのだ。
だから今やらねばならないのだ!!」

X.Y.Z.→Aはもちろんのこと、
それより若い筋少だってあと何回ライブをやれるだろう・・・
だから毎回毎回燃え尽きなければならない。

ワシは今日(飲んでて日付変わって昨日になってしまったが)、
このライブに参加出来て幸せじゃぞ!!

筋少のみなさん、ありがとう!!
筋少ファンのみなさん、ありがとう!!
仮谷くん、ありがとう!!

そして奥さん、いつもありがとう!!
(これ一番大事!!)

ほなおやすみ!

Posted by ファンキー末吉 at:02:04 | 固定リンク

2009年11月 8日

へとへと・・・

家にたどり着いた。

今日は首を振り過ぎてきっと筋を違えている。
リハの時からエディーに「首振り過ぎですよ」と言われていたが、
リハから全力でやってないと本番で果たして出来るかどうかわからないので頑張り過ぎた。

「明日筋肉痛やなあ」
と言うと橘高に
「大丈夫、明後日に来ますから」
と言われたが、ごもっとも。

いつの頃からか翌日ではなく翌々日に来るようになった。
年のせいか?・・・

しかし今これだけ筋肉痛になってるということは明後日どんな状態になっているのじゃろう・・・

明日の朝が怖い・・・

Posted by ファンキー末吉 at:22:53 | 固定リンク

2009年11月 5日

名古屋から筋少リハへ

地方に出ると酒をがんがんに飲むので身体がしんどいが、
新幹線の中でまた筋少の曲をおさらいし、
そのままスタジオに着いたら「曲が変更になる」と長々とミーティングしている。

だいたいの曲はやったことがあるのじゃ。
何でも来い!っつう感じである。

ところで今回のスタジオはワシの昔の「庭」であった新大久保界隈にある。
日本語の通じない屋台村で中国語で喋りながら毎晩飲んでた日々を思い出す。

名古屋から直入りなので当然ながら今日は車ではない。
どうする?・・・橘高の車で送ってもらうか・・・・それとも・・・

Posted by ファンキー末吉 at:14:38 | 固定リンク

2009年9月23日

筋肉少女帯終了!!

いろいろあったがやっと終わったぁ!!

頭の中ではいろんな筋肉少女帯の曲がまだぐるぐる回っている。
ゲーセンで猫の背をなでながらイタコと暮らし、
新月の夜にパノラマ島で狂った猫が反復横跳びをするが如しである。

打ち上げはないと言うので、
嫁が「骨を拾う」覚悟で見に来てたのでその車ですぐに帰った。

八王子でに直行し、迷わず「ホルモンセット」を頼む。
ホッピーが疲れ果てた肉体の細胞のすみずみまで染み渡る感じである。

JohnnySanchez.JPG

ライブは「Johnny&Sanchez」。
去年一緒にセッションしたことある盲目のブギウギピアニスト、ジョニーくんの歌う「What's Going On」や「Gorgia On My Mind」なんかが、
疲れ果てた心のすみずみまで染み渡る感じである。

今日から気持ちを切り替えてX.Y.Z.→AのMixをせねば。

Posted by ファンキー末吉 at:08:11 | 固定リンク

2009年9月22日

筋肉少女帯2日目も頑張るぞ!!

気合いを入れ過ぎて会場に早く着き過ぎてしまった。

何かゆっくり寝た気がしない。
やっぱ筋肉少女帯の音楽は睡眠には適してないのかも知れない。

今日のメニューは昨日に比べて体力モノが多い。
大丈夫だろうか・・・

昨日、共に戦ったドラムセット。
筋肉少女帯のためにパール楽器が用意してくれたセットである。

KingShowDrumset.JPG


そして客席からは見えないが実は8タムの左側にはメトロノームがある。

KingShowClick.JPG

ほとんどの曲はドラマーがテンポを出すので、
それをなるだけ正確なテンポを出せるように置いてあるのだ。

自分のバンドの場合は曲が少々早くなろうが遅くなろうが自分のバンドの曲なんで勝手であるが、
いみじくも人様の音楽を自分のテンポ出しが間違って台無しにしてしまっては申し訳ない。
サポートメンバー、バックバンドなどの仕事をする時は
ほとんどのドラマーがこうしているのではないかと思う。

ところが曲が終わると譜面をめくり、
次の曲のテンポに直してというのは短い時間では至難の業である。

そこで、

KingShowShibayama.JPG

筋肉少女帯には非常に優秀なテックがいて、
彼がドラムの後ろに常に待機していて、
彼の手元のリズムマシンのテンポを変えると、
連動してワシが見るメトロノームのテンポが変わるのだ。

つまり彼がテンポを出し間違えたらオシマイ!!
バラードがスラッシュのテンポで演奏されることもあり得る。
(あり得んか・・・)

彼はドラムテックのプロで、
「筋肉少女帯の曲はシャッフルの3連とか、
左右の腕が交差する曲があるので
左手のスティックを落とした時に困るんだよね」
と言うワシの言葉を聞いてすぐにこんなのを作ってくれた。

KingShowStickHolder.JPG

これだと左手ですぐに新しいスティックを取ることが出来て便利である。

幸い昨日は左手のスティックを落とすことはなかったが、
今日はわからない。
全て「備えあれば憂いなし」である。
万全を尽くして天命を待つ!!

Posted by ファンキー末吉 at:11:51 | 固定リンク

2009年9月21日

筋肉少女帯初日終了!!

ノーミスというわけにはいかなかったが、
「全然問題なかったですよ」
というメンバーの声に甘えてていいのか?!!
いや、明日こそは完璧な演奏を是非したいもんんだ!!

帰りの車で明日のメニューを聞きながら帰って来たが、
曲間の音楽がなってない瞬間にはすぐに今日の曲が思い出されて来る。

今日の曲は全部忘れて明日の曲だけ考えればいいのじゃ!!

しかし身体というものはそうは思い通りに動いてくれないもんじゃ。
今夜は明日の曲を大音量で聞きながら、
身体が拒絶して眠たくなったらそのまま寝るようにしたいもんじゃ・・・

大音量でないと、ステージでのあのカタルシスというか、
汗かいて頭が爆発してるあの雰囲気のシュミレーションが出来んのじゃ。

しかし幸いうちにはスタジオがある。
布団を運び込んで来て、リハーサル用のPAにパソコンをつなぎ、
今日の曲を忘れてしまうぐらい大音量で流しながら明日に備えるのじゃ!!

StudyingKingShow.JPG

明日こそは完璧な演奏をして、
今日ワシを暖かかく迎えてくれた筋肉少女帯のファンに、
もっともっと筋肉少女帯の楽曲がこんなに素晴らしいんだということを伝えねばならない。
サポートメンバーは責任重大なのじゃ!!

明日はもっと頑張るどぉー!!!

Posted by ファンキー末吉 at:23:48 | 固定リンク

いざ出陣!!

よく考えたら今日のメニューは1日分でいいから楽である。
2日目の曲は全て忘れてしまい、夕べから今日のメニューに集中した。

X.Y.Z.→Aのファンも来るだろうから、
橘高が一生懸命頭振ってるのに
ワシだけがずーっと譜面を見ているのでは失望させてしまうかも知れない。

これはある程度曲を覚えてしまうしかない。

ワシの曲の覚え方というのは、
とりあえず譜面をだいたい写真に撮ったように「絵」として覚え、
曲を聞いて、だいたいその写真のどの部分かが思い出されて来れば完璧である。

これで初めて譜面から目を離して頭を振ることが出来る。

だからどんなに汚くても自分で書いたいつも見ている譜面でなくてはならない。
どんなにきれいな譜面でも見慣れてないと「絵」として思い起こされないからである。

何度も何度も曲を聞く。
頭の中にその「絵」が思い起こされるまで聞く。

ところがもう何度も聞いてる曲なので、
身体が拒絶してしまうのかすぐに眠たくなってしまう。

眠気と戦いながら一生懸命曲を聞く。

そうすると曲の合間に何やら甲高い声が・・・
これは幻聴か?・・・

見ればどうやら隣の仮谷邸ではバーベQが行われているらしい。
この性別年齢不明の甲高いしわがれ声はきっと二井原に違いない。

あいつ・・・ワシの苦労をよそに酒を飲んでいるのか・・・

まあ根を詰め過ぎてもいけない。
ちょいと一杯のつもりで参加。
そして朝起きたら仮谷くんに言われた。

「そんなパンパンにむくんだ顔で本番ですか・・・」

パンパンかのう・・・いつもと一緒やと思うが・・・

KaoPanPan.JPG

Posted by ファンキー末吉 at:12:44 | 固定リンク

2009年9月18日

筋肉少女帯リハ終了!!

睡眠不足で寝坊してしまい、朝練が全曲までは出来なかったが、
それでもメンバーのみなさんが到着した頃にはもうへとへとである。

1日目と2日目のメニューだと1日目の方が難しいので(ワシにとっては)
今日は2日目から通してもらった。

2曲目でイージーミスをしてしまい、
くじけそうになった心にむち打ちながら何とか最後までやり通した。

「末吉さん、何とかギャラ取れるまで行ったじゃないですか」
橘高がそう言って笑うが、
1ステージに4つも大きなミスをするようじゃまだまだである。

でも4つにしぼれたというのは大きい。
ライブ本番までにそれを重点的に克服すればよいのだ。

難解な曲が多い(ワシにとっては)1日目も通して、
課題点をメンバーに手伝ってもらってもう一度おさらいしてもらう。

朝練が効いたのかだいぶ身体に叩け込めた。
あとは数日熟成させてもう一度おさらいして本番に臨めばよい。

もう身体はがたがたである。
気持ちを切り替えて明日のX.Y.Z.→Aモードにしてもう寝る。

Posted by ファンキー末吉 at:19:22 | 固定リンク

筋肉少女帯あとリハ1回!!

やばいぞやばいぞ!!

ほとんど初めての曲なのに曲数が40曲近くあるから
毎回のリハで各曲1回さわることが出来るか出来ないかというところである。
とてもじゃないけど「反復練習」が出来る曲数ではない。

ここ最近は2日間のメニューを全部通してやることにしているが、
難曲の部類に入る曲(これがたくさんあるのよ)は今日の段階でまだミスをしている。

最初の方の曲でミスを心に刻み、
最後の方には曲数が多過ぎてもう忘れている。

カウントを出して一応リズムを刻んではいるが、
どんな曲だったかまだ思い出せない曲もある。

40曲の譜面は書くのに20時間かかるので、
結局時間がなくって走り書きなので読めなくてミスをするが、
書き直すと今までそれで慣れて来ているので
新たなミスを呼んでしまうのが怖いからもう覚えるしかない。

明日は最後のリハである。
今日の状況では明日全曲ノーミスでやれる自信はない。

仕方がないので朝練をやることにした。
午前中に行ってひとりで2日分通してやってみる。
そしてみんなが来てまた2日分通す!!

つまりワシは明日は4ステージ分叩くのじゃ!!

2ステージ通すだけでもかなりの体力でもうへとへとなのじゃが仕方がない。
腕の問題ではない、「頭」の問題なのである。
40曲もこのアホな頭では覚えられないのだから身体に覚えさせるしかない!!
ドラムはとどのつまり「体力」なのじゃ!!(まったくじゃ!!)

明日ミスしたらギャラ返上の覚悟で臨むのじゃ!!

もう寝る・・・こてん

Posted by ファンキー末吉 at:00:53 | 固定リンク

2009年9月10日

筋肉少女帯のリハーサル開始

パールから山ほどの筋少用のドラムセットが届いた。

KingShowDrumCase.JPG

別にワシは筋肉少女帯のメンバーでも何でもないので
「ファンキー末吉/筋肉少女帯」というのは間違いであるが、
まあドラムセットの分類で言うならそうなのか・・・

・・・違和感がある・・・

赤坂ブリッツ2DAYSを全部違う曲でやると言うのだから曲数が多い!!
昨日は朝から夜中までずーっとコピーしていた。

40曲以上あるのだ!!

また難しい曲が多い!!

これを何日のリハで仕上げるのだろう・・・
5曲目の譜面を書いている時には1曲目はもう忘れているので、
今日スタジオで譜面を見ても一体どんな曲だか思い出せない・・・

また速い曲が多い!!

体力も頭脳も心配である。
リハーサル初日・・・果たしてどうなることやら・・・

Posted by ファンキー末吉 at:14:05 | 固定リンク