ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
Wing&Paulシンガポール
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
株(クイゼ)を守る
中国の契約書との戦い
くっくまバンド初ライブ
桃源郷の村人たちの暮らし
ベトナム旅日記(クイニョン)
ベトナム旅日記(トゥイホア)
ベトナム旅日記(ニンホア)
ベトナム旅日記(ニャチャン)
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト
日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2014年3月13日

ゴーストライター

実はワシにもゴーストライターがいる。
と言っても仕事をいろんな人に振ってこなしてるだけで、
振ってる仕事が一番多いのはお隣の仮谷くんである。

制作を発注しても、結局は一番しんどい仕事であるクライアントとの詰めは自分でやらなければならないので、
時には「末吉のゴーストですと言って直接電話しろ!!」と言う。

まあゴーストが直接クライアントとやり取りすると既にもうゴーストではなくなり、
今後の仕事は直接クライアントからゴーストに行ったりするので「仕事を失う」ということになるのだが、ワシはあんまし気にしない。

中国で自分が音楽を手がけた映画が大ヒットしてしまい、
映画音楽を年に数本、テレビドラマを数本抱えている生活になった時、
ワシは迷わず仕事を若い衆に振った。

監督との詰めも全部振るので次からはそいつに仕事が行くことになるが、
そうやって若い衆が北京オリンピックの閉幕式の曲を作るまでなっても別段何とも思わない。

「今度会ったらしこたま奢れよ!!」
というぐらいである。

もともとワシはドラマーで、
毎日パソコンの前でずーっと音楽を作ってる生活など「無理」なのだ。
それが「本職」のヤツに任せればよい。

ところが人はワシのことを作曲やアレンジやプロデュースが「本職」だと思ってる人も多い。

「バンドのアレンジかぁ・・・だったらファンキーさんだな」
とばかり発注が来たのがちょっと変わり種の今回の仕事。

退職した老人達が、昔を思い出してバンドをやろうというもの。

その子供達はもう音楽大学などに進む立派な音楽家で、
そこから回り回ってワシのところに発注が来る。

「ファンキーさん、もう楽器もろくに弾けないしさぁ、
お金もあんまし出ないから簡単にちょちょいとやればいいからね」
と言うので、そのまま仮谷くんに振った。

ちなみにこの値段設定が難しい。
友人から搾取するわけにはいかないのでなるだけたくさんギャラをあげたいところではあるのだが、
今までの経験で言うと、そのままスルーして全部あげてしまうと、
結局は中国語と日本語の通訳だとか、最終的な直しや整合性を取るのに結局自分がタダ働きする羽目になるのだ(>_<)

まあ安い金ではあるが、「ちょちょいとやってくれれば」と発注する。

ところがこれがちょちょいとやると絶対に「直し」が来るのだ(>_<)
結局自分が出て行って直しをする羽目になる。

日本人なんだからどうしても中国人の痒いところに手が届かないのだ。

最後の詰めもいろいろややこしいので、
「そんなのリハーサルで詰めればいいじゃん」
と開き直る。

プレイヤー達の弾くフレーズを全部デモと譜面で指定するって実はあんまり意味ないのよねぇ・・・
各人が弾きやすいように変えてもらった方が全然いい。

「じゃあリハーサルに来て下さいね」
というわけで北京のお隣の河北省の省都、石家省まで向かっている。

自分が直した部分は覚えているが、
ゴーストが作った部分は知らないので、
今電車の中で一生懸命ゴーストが作ったアレンジを聞いて覚えている。

やれやれ、これじゃあどちらがゴーストなのかようわからんなぁ・・・(笑)

«新しい記事
河北省の老人バンド
前の記事»
髪の毛の脱色でアレルギー