ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
プノンペンの隣町「タクマウ」
カンボジア希望の星プロジェクトまとめ
400ドルのバイクとの戦い
カンボジアに部屋借りてトイレで自炊(笑)
Wing & Paul「衝動効応」マレーシア
カンボジアRock!(◎_◎;)
Wing&Paulシンガポール
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
株(クイゼ)を守る
桃源郷の村人たちの暮らし
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2013年8月20日

親父の7回忌

社会科学には「社会通念」という概念があるようだ。

とある社会学者と問答になった時、
「は、は、は、ファンキーさんのその理論の組み立てには"社会通念"という要素が全く欠落してますね」
と笑われたことがある。

そう、想像に難くなく、ワシはその辺の概念が大きく欠落している(笑)

嫁に言わせればそれは「社会的常識」という言葉を使うかも知れないが、
ワシに言わせると逆にワシはむしろバカがつくぐらい「常識人」で、
その「常識」が人とちょっと「ズレている」だけなのだと自分では思っている。

昔、中野に
「お前は歴代の総理大臣や今の総理大臣の名前だって言えないだろう」
とバカにされたことがある。

いや、その通りなんですが・・・(笑)

どんな人間にも平等に一日は24時間しかないのである。
総理大臣の名前を覚えるヒマがあったら新しいドラムのフレーズを覚えたいし、
政治の話で盛り上がるぐらいなら音楽の話で盛り上がりたいと思っていた。

そう思って来たからこそ、まあ立派な社会人にこそはまだなれてないが、
そこそこの「音楽人」ぐらいには手が届いたと思う。

人というのは面白いもので、ちょっと社会的に成功したりすると人は
「やっぱり才能があったんですねえ」
とか言ったりするが、
ことワシ自身に関しては残念ながら親から受け継いだ「音楽の才能」など微塵もない!!(キッパリ)

今日の法事をチャンスに17歳の娘と末吉家の家系図などを作っていたのだが、
一族郎党どこを探したって音楽や芸術に関わった人間などひとりもいないのだ。

ワシが両親から受け継いだ大きな才能、それは
「何でも食べて何でも消化出来る強靭な内蔵」と、
「どこでも眠れて一瞬で体力が回復出来るサバイバルな身体」と、
「好きなことのためなら何でもがむしゃらにやるかなりゆがんだ性格」
ぐらいなもんである。

でもこの才能と24時間全部を好きなことに費やす「アホさ」さえ持ってれば、
まあ「好きな音楽やって食ってゆけたらそれでいいや」ぐらいの人生は送ることが出来るぞ!!(キッパリ)

大きな才能である・・・(感嘆)


さて、そんな大きな才能を与えてくれた親父の7回忌、
まあ7回忌が6年目であることも知らなかったのだが、
一応ひとり息子だったのでワシしかいなく、
あまりわからないまま「法事」とやらをまたブッキングすることとなった。

まあ「ブッキング」ぐらいなら音楽の世界でもいつもやってることなので簡単である。
でもワシの場合、一番大変なのが「着てゆく服」なのだ・・・(>_<)

親父が死んで翌年の命日(2周忌と言うのか?)の時は、
お袋もいてそれはそれはワシの着てゆく服に文句を言った。

翌々年(これが2回忌か?)の時はだいぶ柔らかくなったのでまあ今年は短パンでもええかとそれで出かけようとしたら、
「パパほんとにそれで行くがぁ?」
と娘が真顔で聞いて来る。

ちょうど夏休みで里帰りしていた高校生の娘と、
この日にちょうど少林寺の全国大会で四国にいた中学生の息子はちゃんとこの法事のために学校の制服を持って来ている。

そりゃ制服は冠婚葬祭万能の衣装ではあるが・・・
パパはお前達をそんないい子に育てた覚えはないぞ!!(涙)


かくして娘に「せめても」ということでばーちゃんの黒いスラックスを履かされ、
一同は車に乗って高知から坂出へと向かった。

坂出で生まれ育ったワシだが、
今は実家が高知なのでこんな機会でもなければ坂出に行くこともまずない。

お寺の近所で果物屋をやっている昔なじみの店で果物を調達し、
あらかじめ「ブッキング」してあったお寺さんに着いてからふと思い出す。

お寺さんっていくら払ったらええんやっけ・・・

前回と前々回、まあ毎回これで非常に困る。
何せ仏教なのでそれを「商売」にしてはダメだという根本があるため、
「いくらですか?」と聞いても「お心のままに」としか答えないのである。

この「社会通念」には毎回泣かされる(涙)

あと、それを包むのし袋の形式・・・(号泣)
そこに書き入れる名目の書き方・・・(爆泣)

まあこれが出来ないワシがひとえに「社会通念が欠落している」だけなのだ。

でも悪いが今後もそれを努力して勉強してゆくつもりはない!!(キッパリ)
人生は短いのだ!!まだまだ勉強したい音楽のたくさんのことが山ほど残っている。

・・・と言いながら親戚から勉強してちゃんと包む(涙)


そこで発覚!!今回の大きな忘れ物・・・位牌・・・(号泣)


そうかぁ・・・遺影は高知にあったから、
「どうせやったら大きな遺影ぐらい並べちゃろうかなぁ」
と思って文字通り「忘れていた」のであるが、
法事に位牌が必要だということは「知らん」かった・・・(涙)

前回まではお袋がいたからな。
今回はさすがに寄る年並で四国までは来れんから仕方ない・・・

だから位牌がないのも仕方ない・・・(号泣)

お寺さんは
「ほな臨時のを作りましょうかな」
と、達筆で親父の戒名やら没年月日やら達筆で書いて法事が始まる・・・

こういうところはいわゆる「檀家」と言うのか?
コンピュータを使えるとも思えないこのお寺さんが、
全ての檀家のデータを持っているということにかなり感激した。


Houji7.JPG


全てのセレモニーが終わって、お寺さんがワシに何気なくこう言った。
「次は13回忌ですなぁ・・・」

いろいろ聞いたところ13回忌はやらない家が多いと聞くので、
ワシとしてももうこれで最後だろうと思っていたのだが、
まあお寺さんとしてはそれ以外に坂出にもう住んでないワシとの一切のつながりがないので仕方がない。

やるのか?・・・またワシが?・・・(涙)

傍らで所在無く座っている息子(中学三年生)を見て思い付いた。
「そや!!6年後言うたらお前はもう20歳や!!お前がやれ!!」

「げっ!!」

一瞬ひるむ息子にワシは畳み掛けた。
「親の死に目を見とって初めて子供は一人前になれると言う。
パパも初めてこんなことをやる羽目になってちょっと大人になった。
次はお前がやれ!!もう20歳は大人や!!お前がやれ〜!!」

うむ、これも親の愛情である。
20歳になったら祖父の13回忌をお前が仕切るのぢゃ!!

そうしましょうそうしましょうヽ(*´∀`)ノ
末吉家の長男万歳!!!法事万歳!!!ご先祖様万歳!!

親父も草葉の陰でさぞかし喜んでくれていると思う!!(キッパリ)

«新しい記事
Neoファンキー末吉リアルGoldへの道
前の記事»
シャッフルの叩き方