ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
スタジオミュージシャンのツラいお仕事
デジタル社会のバグ?
四川省ひとりドラムツアー
作曲リターン第二弾完成!!
本の出版記念ライブツアー
Funky末吉のLoop音源
布衣(BuYi)メンバーチェンジ?
ファンキー末吉があなたのライブに参加してドラムを演奏ツアー!!
JASRACの反論は事実に反します
めまい・ふらつき
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2013年7月 3日

加賀八郎君永眠・・・

「〜君」というのは日本語の素敵な敬称だなと今更ながら気がついた。

私の中ではいつまでたっても「はっつぁん」なのだが、
神様になってしまった人間に対してそれも不釣り合いな気もするし、
「〜氏」や「〜様」ではあまりに他人行儀な気がする・・・

まあとりあえずタイトルだけでも「〜君」にしておいて、
本文の中ではいつも通り「はっつぁん」で書きたいと思う。


はっつぁんと初めて会ったのは夜のヒットスタジオかなんかだったと思う。
私は爆風スランプで、彼はTHE GOODBYEで、ひな壇に並んでお互い
「俺はなんでこんなところに座ってんだ?」
という顔で所在無くしていた。


住んでる所が近いのでよく飲みに行った。

石屋の息子で下町の江戸っ子気質。
公称ではサバを読んでたが年齢は一歳歳上だったので、
私にとってはどちらかというとお兄さん的存在だったのかも知れない、
結構人に言えない悩みなどを相談しながら毎日飲んでいた。

爆風スランプはバンド内部にも事務所にもいろんな問題を抱えていて、
私は共産党宣伝員よろしく影でいろいろ暗躍しながら摩耗し切っていたのだが、
内部からは逆にそんな私をよく思わず、
前の敵に戦っている私に後ろから石を投げて追い打ちをかけるような有様・・・

そんなこと人には言えないし、かと言ってやらなきゃバンドは潰れるし、
どうしようもなくって酒に逃げていた頃である。

「やめちゃえ〜やめちゃえ〜」
が当時のはっつぁんの口癖だった。

あの笑顔でそう言われると逆に「もっと頑張ろう」と思ったりしたもんだ・・・


ひとり目の嫁さんも今の嫁さんも私の友人で、
結婚式は彼らしく無礼講で仲間内がしっちゃかめっちゃかにしていた。

司会は2回とも同じ友人が行ったのだが、
「それでは皆様〜3回目でまたお会いしましょう」
が司会のシメの言葉だったんだから大笑いである。


子供が生まれるという時には電話が来て病院まで駆けつけたが、
待合室で「どうしよう〜どうしよう〜」とおろおろしてたのが可笑しかった。

「あんたがそこでおろおろしたって何にもなんないじゃん」
そう言ってたしなめるのだが、
「だって子供が生まれるんだぜ!!親になるんだぜ!!大変じゃん!!」
とわけのわからないことを言ってずーっとおろおろしていた。


その後離婚、再婚ときて今の家に引っ越した時に一度遊びに行った。

それからすぐに私は北京に移り住んだのでずーっとご無沙汰だったが、
不治の病になったと聞いて病院に見舞いに行き、
その後も「ちょくちょく行こう」と思いつつ退院するまで行けなかった。

自宅療養になると言うので、
ひょんなことから爆風トリビュートでコーラスをお願いしようと思い立った。

ギャラをお支払いするのも何か変な気がして、
とびっきりのステーキ肉を買って行ってみんなで焼いて食べた。

新居だったその家もその時にはもう年代物になっていて、
「ああこんなにご無沙汰だったんだなぁ」
と思ったのだが、
はっつぁん節は相変わらずで、ワインを一緒に何本も空けて、
居間のホットプレートで肉を焼くもんだから煙と油でその新居をもっと年代物にしてしまった・・・


マイクを立ててコーラスを録音する。

「10年も〜20年も〜君のことを想うだろう〜」
やっちんがそう歌うのに続いて、
「君の〜ことを〜想う〜だろう〜」
はっつぁんがちょっと照れた感じでそう歌う・・・


私は今香港にいるので葬式には出れない。

リハーサルをしているBeyondバンドルームのドアには、
たくさんのファンが黄家駒の20周忌に向けてたくさんの寄せ書きを書いて貼っていた。

遠く離れた香港で、私は死んだ友人の残した歌を、
残されたその友人の仲間たちと一緒に演奏している・・・

20年前、日本のJazzクラブで定期的に行っていたセッションを見に来て、
「何て素晴らしいドラムなんだ。毎月やってんのか?次も絶対見に来るぜ」
と言ったのが彼の私への最後の言葉となってしまったので、
今でもドラムを叩いているとどこかで彼が見に来ているように感じる。

同じようにこれからも何か辛いことがあったら、
どこかではっつぁんが「やめちゃえ〜やめちゃえ〜」と笑って言ってくれると思う。

そしたらきっと私はまた笑って頑張ってゆけるのだ・・・


10年も20年も君のことを想うだろう・・・


心残りなのはあの時、ステーキを食いながら、
「DEMOならたくさん作ってるよ」
と言うので、
「よっしゃ〜!!じゃあ加賀八郎のソロアルバム作ろうぜ!!」
と盛り上がっていたのだが、
もらったデータがデジタルパフォーマーの形式だったので開けず、
「データ変換して送り直して〜」
と言いつつやり取りが途絶えて結局手付かずになっていることである。

ご家族も今は大変だろうから、
落ち着いた頃にまたステーキ肉を持って訪ねて行って、
データをもらえるかどうか聞いてみよう。

ワインもたくさん買って行かなきゃね。


10年も20年も君のことを想うだろう・・・
君のことを想うだろう・・・

それぞれの・・・それから

«新しい記事
全中国ドラムクリニックツアー2013年 江蘇省「無錫」
前の記事»
メドレー制作に振り回された日々