ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣秋のツアー2018雲南省
支援は人のためにあらず
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
日本の音楽が危ない 第2弾 コンセプトアルバムの発売に支援を!クラウドファンディング募集中

2012年10月24日

北朝鮮プロジェクトついに書籍化!!

と言ってもまだ最終ゲラ直しが終わってない・・・

でもとりあえずは発売日が大決定になり、
まあ一応本国の了承も取れたということで、
よっぽどのことがない限り
11月26日(月)に発売致します!!

NorthKoreaRockProjectBook.jpeg

下記の情報ですぐに本屋さんでご予約ください!!

発売日:2012年11月26日(月)

著者:ファンキー末吉

出版社:集英社インターナショナル

タイトル:ピョンヤン6月9日高等中学校軽音楽部
~北朝鮮ロックプロジェクト~

定価:1575円(本体1500円)

Amazonでの予約はこちら:

プロローグ:北朝鮮? いいですよ、行きましょ!!

このプロジェクトを目にした全ての人がまっ先に浮かぶ疑問、
「なぜこいつだけがあの国でこんなことが出来るのか」
が詳しく書かれています。

また、92年に中国の朝鮮族自治区から凍った河を渡って北朝鮮に密入国したエピソードも・・・


第1章:平壌をロックに染めてやる!

初めての渡航。
少女たちの演奏をロックにアレンジ。
そして人民と酒を飲み、マスゲームのようなフォークダンスを踊り、
挙げ句の果てには広場でドラムを叩いて咎められて案内人と共に逃げる!!


第2章:北朝鮮のオリジナル・ロック曲

2度目の渡航。
「ムルムピョ(クエスチョンマーク)」というゴリゴリのロック曲を書いて、
少女たちと1週間缶詰になってそれをレコーディングするが、
模範演奏でドラムをぶっ叩いた瞬間に軍部から中止命令が来る。

この楽曲は後ほどこちらに音源をUPします。


第3章:チベットで発見した「ロックとは何か」

自分の能力以上のものを生み出した苦しみから逃れようと、
少女たちと作り上げた「ムルムピョ」をラマ僧に聞かせるべくチベットへ。
そこでラマの高僧との問答を通して「ロックとは何か」を悟る。


第4章:次世代の部員との本気のセッション

3度目の訪朝。
今度は自ら少女たちの中に入ってドラムとアコーディオンの楽曲を録音。
心を通い合わせなければ完成しない楽曲のために、
何度も話し合い、ぶつけ合い、1週間のガチのセッションの中で、
少女たちから大きなものを教わる。
愚かなのは実は自分だったのである!!

このガチのセッションの音源は後ほどこちらにUPします。


第5章:新人類たちとのロック

数年振りに降り立った平壌の街は大きく変貌していた。
そこで育った「新人類」とも言うべき現代っ子たち、
そこは以前とはまるで違う「けいおん」であった。


第6章:はるかなる北朝鮮〜さようなら愛弟子たち

金正日体制が終わった直後の最後の渡航。
少女たちにとって「将軍様」とはどんな存在なのか?
あの涙はホンモノなのか?
この国はどうしてこんなに金があるのか?
そして何より、
「何故このロックプロジェクトがこの国に受け入れられたのか」
の謎が解き明かされる。

«新しい記事
ユナの文化祭
前の記事»
中国ロックを作り上げた日本人ギタリスト