ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
やってもやっても終わらなう(>_<)
布衣2019年秋のツアー河北省と北京
ラジオで生演奏生放送((((;゚Д゚)))))))
旧パスポートとの戦い(>_<)
還暦記念亜州鼓魂ライブ
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
労働ビザとの戦い
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
生楽器の新しいレコーディングのやり方
若きアレンジャーにお説教
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2012年2月28日

無事出国!!北京空港にて

北朝鮮への旅は基本的に女っ気がない。
嫁が一緒に行ってた頃はまだいいが、
子育てで行けなくなってからは基本的に相方とふたりっきりの「おっさん二人旅」である。

今回の宿泊はポトンガン(普通江)ホテルだったので、
自然発生的に「スミノフバー」と昔から呼んでいるホテルのバーでおっさん二人が毎晩飲むことになる。

そのバーで今回この美女と遭遇!!

NorthKoreanBuety2012.JPG

ロシアのウォッカ「スミノフ」がグラスから無くなろうとすると、
バーカウンターからやって来てグラスに注いでくれるので夜な夜なつい飲み過ぎてしまったほどである!!
(アホです)

そう言えば数年前、
まだ北朝鮮の隠し撮り写真や映像がテレビ局や写真週刊誌に高く売れてた頃、
平壌で遭遇した目つきの悪い2人組の日本人がこのような美女の写真を
「北朝鮮のキャバクラに潜入」
とかいうタイトルで写真週刊誌に売りつけていたのを見た。

ヒドい話である。

中国だったら酒場でこんな美女が英語で話しかけて来たら
おっさん達は十中八九ボラレて泣きを見ることになるが、
この国ではホテルで外国人を接客するなんてエリート中のエリート、
「外国の方に喜んで頂いて我が国を好きになってもらい、
そして我が国に必要な外貨を落としてもらう」
という「国を背負っている」重要な職業であり、
彼女達はそのプライドを背負って一生懸命仕事をしている。

その低俗な写真週刊誌には、
「拉致問題について彼女達に質問したら通訳が訳さなかった」
とか何とかエキスキューズをつけて
「だからこんな記事を出しても許されるだろ」
と言わんばかりに面白おかしく書いていたが、
拉致などをやらかした卑劣な国家を糾弾するのはよい、
核開発をして国際的に孤立する国を非難するのはよい、
でも「人間の尊厳」をわざと地に落とすようなマネをするのはどうかと思う。

そのような輩すらこの国にやって来なくなってもう数年になる。

前回来た時に
「日本がこの国に対してやっている経済制裁は効果がない」
ということを書いたが、
今回の旅でもやはりそれを強く肌で感じた。

もっと言うと日本政府は「経済制裁」という名の
「臭いものに蓋をして放っといた」
だけだったではないのだろうかと思えて仕方がない。

日本国政府がもっと他の効果的な方法を考えて次々と打ち出してゆかねば拉致問題など解決するわけがないじゃろ・・・

こちらに来たこともない「専門家」と呼ばれる人達が、
数年前の聞きかじった情報や
「北朝鮮と独自のパイプ」とやらの情報だけでものを語り、
取材もしてないマスコミがちょびっとだけそれを報道して来たのがこの数年である。

日本国民が誰も知らないうちにこの国はもの凄いスピードで変わり続けているというのにである・・・

「この国は自国に植民地を持っていると考えると分かりやすい」
と言う人がいたが、それを聞いた時、
「ああそんなモノの見方もあるのか」
と思ったことを覚えている。

平壌の街には更に人民元が溢れていた。

「日本が経済制裁をしてくれたおかげで、
あの猜疑心の強い金正日がやっと私たち中国を平壌に受け入れてくれた。
日本国よどうもありがとう」
という中国の学者の話も聞いたことがあるが、
「中華というのは世界の中心」と勢力を南下させている隣の大国は、
決してその貧困部を支援するために国家予算を投じているわけではない。

人民元という武器で取って食おうとしているのは首都「平壌」、
即ち中国にとっては「平壌こそが北朝鮮」なのである!!

平壌に「庶民」が住み、
「昨日より今日、今日より明日が豊かに」という「庶民」が、
一党独裁体制のこの国のデノミ政策を失敗させたのは記憶に新しい。

その「庶民」の生活を知らなければどうやってこの国に対する対策など考えられる?

敵国だと思うんだったら尚更である。
知らなくて戦えるわけはないのだ!!
蓋をしてもっと見えないようにしてどうする!!

・・・いかんいかん、また重苦しい話をしてしまった・・・

ワシは美女の話をしたかったのだ・・・
「彼氏はアナウンサーなのよ、とてもハンサムなのよ」
と言うこの美女が幸せになればいいなと思うだけなのだ・・・

いつもクールな「部長」が別れの時、
「卒業したらもう会えなくなるけど新しい学校でも頑張ってね」
と言ったら突然涙ぐんでくれて心を鷲掴みにされたその「涙」を、
この国の指導者がそれを米韓合同演習の報復によって「悲しみの涙」に変えてしまうことがないよう願うだけなのだ。

人からいろいろ言われながらももう足掛け6年続けている
この平壌の子供達とのほんの小さな音楽交流が、
いつかはいつでも誰にでも簡単に出来るような世の中になることを願うだけなのだ。

そしてこの国が中国に呑み込まれてしまって38度線に中国の最新軍備が並ぶその前に、
日本政府が「臭いものの蓋」を取り去って、
拉致被害者が家族の元に戻って来るためのもっと効果的な対策を打ち出してくれることを心から願ってやみません。

«新しい記事
パパこれ買って〜
前の記事»
豊年の春