ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣2019年春のツアーを振り返って
布衣2019年春のツアー河南省「鄭州」、天津、遼寧省「大連」
布衣2019年春のツアー河北省「沧州」
布衣2019年春のツアー遼寧省「瀋陽」と吉林省「長春」
布衣2019年春のツアー黒竜江省ハルビン
長春の北朝鮮レストラン?
布衣2019年春のツアー山東省
布衣2019年春のツアー河南省
布衣2019年春のツアー安徽省
布衣2019年春のツアー江蘇省
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト
日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2007年12月 3日

3度目の訪朝を終えて

北朝鮮から帰って来たら
おりしも夕方のニュースで前回の映像が流されていたと聞いた。

さすが夕方の番組は反響が大きいのか、
いろんなメールが即座に飛び込んで来てたが、
「コメンテーターのおっさんには面白いぐらい伝わってなかったねぇ」
と言うのが多く、
誰がどんなコメントをしたのかが非常にムルンピョ(疑問符)である。

アメリカでのミックスダウンの映像も流れたと言うが、
確かそこでのインタビューで、
「第一章は完結した!そして第二章は既にもう始まっている」
とコメントした記憶があるが、
その通り、人知れず第二章はすでに始まっており、
実はここに既に大きく実を結んで帰って来ているのである。

本来なら出発前にも、
そして今頃は得意顔でそれをUPしてそうなものだが、
今回の訪朝は敢えてそれをしなかったのにはわけがある。

結果的に言うと、前回の放映は
想像以上に世の中に大きなインパクトを与えたのである。

その証拠に敏感な業界人はしきりにコンタクトを取って来るし、
現実、今回訪朝する時にも北京空港で、
要人が降り立つのを出待ちする全然顔見知りでもない報道陣から、
「ファンキーさん、今回は北朝鮮ですか?」
と声をかけられた。

お笑いである。
こんなアホなドラマーの一挙一投足が今や世界中で注目されているのである。

世界中と言ったのは、
このプロジェクトに巻き込んだアメリカ人エンジニア、Wyn Davisが、
「一応アメリカも馬鹿じゃないから
CIAは一応チェックぐらいはしていると思っててよい」
と言ってたと言うこともあるが、
何より北朝鮮当局こそがこのことにピリピリしているのである。

ゆえに今回のビザはなかなか下りなかった。
前回のように自由に彼女たちと交流出来ない恐れもあった。
彼女たちの心にも大きな壁が出来ている可能性もあった。
実際現地では、前回の放送のことは関係者全員が知っていた。

でも学校に着いてみると、
彼女たちは何も変わらぬ笑顔で俺を迎えてくれた。
何の曇りもなかった。

彼女たちの笑顔こそが「ロック」なのである。

卒業したアネゴやカレンちゃんを足して2で割ったような美女や、
「お前、絶対関西人やろ!」と言うキャラもいたし、
当日入部したばかりの戸惑いの隠せない超美少女もいたが、
それらの写真は今回はUPしない。
彼女たちとどんな音楽を作り上げたかもレポートしない。

ただ、奇跡はまだ続いているのである。
例え国と国との関係がどのようになろうが、
それは永遠に続くのだと俺は信じている。

今回、最後に彼女たちにこう言う言葉を残した。

「あなた達が大人になったらわかる時が来る。
私とあなた達がやったことと言うのは、
実は世界中の誰にも出来ないことだったんだって」

でもいつの日かそんなことが「誰にでも出来ること」となる時代が来る。
どんな時代だっていつかは変わるのである。

そしてそれはそんなに遠い日のことではない!
と今回の旅で実感した。

«新しい記事
あの美少女秘書は今?
前の記事»
上海楽器フェアー